Auto GalaxyGood quality of used Japanese buses,
LPG vehicles and driving school vehicles

ミャンマー雑記・Part 3

                 ミャンマー雑記 その3
image001_20091016114736.jpg
ヤンゴンの公共交通機関はバスと汽車。汽車は国営であるが地方と結ぶ線と環状線があるのみ。
便利なのはバス。バス路線と料金設定の権限は政府にあるが、運行するのは民間会社。料金はヤンゴン市内では距離に関係なく40チャット(約4円)。
 バスは普通の乗り合いバスから写真のような軽トラックの荷台を改修したものまで様々。が、すべて日本の中古車。乗り合いバスは日本で使っていた会社の名前がそのまま車体に残っている。神奈川中央バスとか  西武バスとか・・。車内の案内文字も残っている。降車用の押しボタンや非常口の表示は日本語そのまま。  但し、車は右側通行なので乗り降りのドアは左側に改修してある。軽トラック改修のバスは車の後ろら乗り降りする。
 バスはどれもいつも満員。日本のバス会社の人が見たら羨ましがる風景だ。
道路にはバス停の表示はない。もちろん時刻表もない。乗り合いバスにはどこ行きの何番線という表示があるが、軽トラックにはそれもない。バスが止まると車掌が降りてきて、早口に「どこどこ行き」と大声でわめきちらす。
だから、バスに乗るには、ミャンマー語の分かる人と一緒に乗ることをお勧めする。
 軽トラックバスは雨が降ると巻き上げてあるビニールシートを下ろす。それは乗客がやる。
 ここでも石油値上がりの影響が出ている。プロパンガスエンジンに換える動きがあるが、それには費用が  かさむ。それがまたバス運賃の値上げになるというのだ。
 中古マイクロバスの事なら(株)オートギャラクシーへ
        HP://www.autogalaxy.co.jp/

オートギャラクシーとは
  • バス、マイクロバス、ミニバスのことならおまかせ下さい。海外にもユーザーさまがいるこの道40年の専門店です。
MAP
  • 本社:
    東京都東村山市栄町2-30-2
    京やビル202
  • TEL:042-396-8118
  • FAX:042-396-5828

  • 中古車展示場:
    埼玉県新座市中野2-4-47

  • E-MAIL:info@autogalaxy.co.jp
  • URL:http://www.autogalaxy.co.jp
▲TOPへ戻る