Auto GalaxyGood quality of used Japanese buses,
LPG vehicles and driving school vehicles

バンコク都における降雨・洪水被害に関するインラック首相の声明

          バンコク都における降雨・洪水被害に関するインラック首相の声明     (2011年10月25日現在)
25日、20時半よりインラック首相は、バンコク都における洪水被害に関して、テレビで声明を発表しました。
(以下は、当館館員がインラック首相の声明を聞き取ったものの骨子です。声明の正確な内容につきましては、
タイ政府から正式な声明文が公表され次第、改めて確認いたします。)
1.タイの北部から中央部を通って大きな水の固まりが流れてきている。水の流れのエネルギーは受け止められる
能力より大きいため、水はバンコクの内部と外部に侵入する可能性あり。
2.洪水による水位は、水をどれだけコントロールできるかによって違ってくる。また、土地の高低により一定ではない。
3.(バンコク)西部では北から流れてきた水は、ノンタブリー、バンプラットに影響を与えている。
バンコク都は堤防を強化しているが、水は受け止められる能力を超えており、トンブリ及び周辺地域で平均して50センチの洪水となっている。
4.(バンコク)北部では、流れ込む水は運河の戸を閉めホックワー運河から排出し、バンコクの中心を流れないよう対処しており、うまくいけば洪水による水位は50センチメートルを越えない。
5.(バンコク)東部では、ラピーパット運河やクロンセープ運河を使って海に流すが、当初の計画通り進んでも、この地域は他地域より低いことから、洪水の水位は1~1.5メートルが見込まれる。
6.最悪のケースとして、堤防が崩れる、又は、水位が予想を超えるような場合、バンコクは場所によって高低が異なることから、洪水の水位は10センチメートル~1.5メートルとなると見込まれる。
政府は影響が最小限となるように努力するが、本日より国民も万一に備えて財産を高い場所に移して欲しい。
7.水位が上昇する27~31日を臨時の休日とした。他方、洪水対策従事者は引き続き協力して欲しい。政府
は食料品や生活必需品の確保、水や電気の質の確保に最大限取り組む。
8.国民はパニックになってはならないが、同時に万一に備えて欲しい。この危機を乗り越えられると確信している。
○日本大使館ホーム・ページ
「タイ洪水被害関連情報」
 http://www.th.emb-japan.go.jp/

タイ北部・中部およびバンコク都における降雨・洪水被害に関する注意②

     タイ北部・中部及びバンコク都における降雨・洪水被害に関する注意喚起     (2011年10月24日現在)
1.降雨・洪水被害に関する注意喚起については、累次「大使館からのお知らせ」におきまして発出しているとおりです。河川の氾濫及び洪水被害はチャオプラヤー川下流のバンコク都に向かって拡大しています。
2.23日夜、スクムパン・バンコク都知事は、パトゥムタニ県ランシット地区の大量の水がバンコクに流れ込んでおり、バンコク北部で水を溢れさせ、水位が早いテンポで上昇していると説明した上で、都が周辺状況の計測指標から状況を評価したところ、当面影響を受ける地域は、ドンムアン、ラクシー、バンケーン、ジャトゥチャック、サイマーイ地区であることから、これらの地域の住民は家財、自動車その他を高い場所に移すとともに、生命及び家財に危険な地区に住む住民は、都が準備する避難施設に移動して欲しいとの声明を発表した。更に都知事は、住民に対しパニックにならないよう求め、都は政府とともに状況の改善と住民保護に今後24時間体制で取り組むので信用して欲しいと述べ、都は持てるすべての能力、移動チーム、緊急及び医療チームユニットを動員して、住民に助言を行っていくと述べた。
○バンコク都発表(英文:http://www.bangkokgis.com/flood/)(本文下部に仮日本語訳)
3.つきましては、最新情報の把握に努め、ドンムアン、ラクシー、バンケーン、ジャトゥチャック、サイマーイ地区の増水に注視するとともに洪水被害のおそれがある場合には安全な避難場所の確保等の具体的な安全対策を早めに講じて下さい。
○日本大使館ホーム・ページ
「タイ洪水被害関連情報」
 http://www.th.emb-japan.go.jp/
【参考:バンコク都発表の仮日本語訳】
23日夜、スクムパン都知事は、パトゥムタニ県ランシット地区の大量の水がバンコクに流れ込んでおり、バンコク北部で水を溢れさせ、水位が早いテンポで上昇していると説明し、都が周辺状況の計測指標から状況を評価したところ、当面影響を受ける地域は、ドンムアン、ラクシー、バンケーン、ジャトゥチャック、サイマーイ地区であることから、これらの地域の住民は家財、自動車その他を高い場所に移すとともに、生命及び家財に危険な地区に住む住民、とりわけ一義的に重要な、老人、子供、病人は、都が準備する避難施設に移動して欲しい。また、住民及び都の職員は、状況に留意し、都の発表を注視して欲しい旨を発表した。更に同都知事は、住民にパニックにならないよう求め、都は政府とともに状況の改善と住民保護に今後24時間体制で取り組むので信用して欲しいと述べるとともに、都は持てるすべての能力、移動チーム、緊急及び医療チームユニットを動員して、住民に助言を行っていく、明日(24日)状況を再評価し、事態が危機的となった場合は、約束通り自分がこれを最初に発表する旨述べた。

バンコク都における降雨、洪水被害に関する注意喚起!

        タイ北部・中部及びバンコク都における降雨・洪水被害に関する注意喚起   (2011年10月22日現在)
1.降雨・洪水被害に関する注意喚起については、累次「大使館からのお知らせ」におきまして発出しているとおりです。河川の氾濫及び洪水被害はチャオプラヤー川下流のバンコク都に向かって拡大しています。
2.22日夜、スクムパン・バンコク都知事は、チャオプラヤー川の水位が高くなっており、全体的な状況として危険なレベルに達しているわけではないが、注視する必要があるとして、チャオプラヤー川両岸の13区の27集落の住民に対して、自らの地域の事態を注視するとともに、水位が急速に上昇する場合は居住地を離れ、都が準備する避難場所に直ちに移動するよう呼びかけております。
○バンコク都発表(英文)
 http://www.bangkokgis.com/flood/index.php?option=com_content&view=article&id=174:announcement-on-floo ding-situation-in-bangkok-22-oct-2011-0730-pm&catid=1:latest-news&Itemid=6
○チャオプラヤー川沿岸の27地域の場所
 http://www.bangkokgis.com/flood/index.php?option=com_wrapper&view=wrapper&Itemid=74
3.つきましては、最新情報の把握に努め、チャオプラヤー川の増水に注視するとともに河川の両岸において洪水被害のおそれがある場合には安全な避難場所の確保等の具体的な安全対策を早めに講じて下さい。
在タイ日本国大使館
○領事部
電話:(66-2)207-8502、(66-2)696-3002(邦人援護)
FAX :(66-2)207-8511
○経済部(日本企業支援センター、夜間は上記連絡先に願います)
電話:(66-2)207-8595
FAX :(66-2)207-8517
○日本大使館ホーム・ページ
「タイ洪水被害関連情報」
 http://www.th.emb-japan.go.jp/

タイ・バンコクの降雨・洪水に関する注意!

    タイ北部・中部及びバンコク都における降雨・洪水被害に関する注意喚起            
                (2011年10月17日現在)
1.今般、当館ホームページ上に「タイ洪水被害関連情報」コーナーを設けましたので参考にして下さい。
   http://www.th.emb-japan.go.jp/
2.降雨・洪水被害に関する注意喚起については、累次「大使館からのお知らせ」におきまして発出しているとお  りです。17日現在、河川の氾濫、冠水等は、アユタヤ県からチャオプラヤー川下流のバンコク都方面に向か  って引き続き広がりを見せつつあり、パトゥンタニ県及びノンタブリー県の一部地域及び工業団地を含め被害  が拡大しています。特に、17日、タイ政府は、パトゥンタニ県に所在するナワナコン工業団地及びその周辺  の地域に冠水が確認されたことから、同地域の住民に対して避難勧告を発出しました。
3.
 (1)バンコク都内においては、15日~16日にかけて高潮のピークを迎え、海面潮位の上昇によるバンコク    中心部への洪水被害の拡大が懸念されておりましたが、報道によれば、これまでのところバンコク中心部    において大きな被害は発生していない模様です。
 (2)チャオプラヤー川沿いなど一部の地域においては降雨により一時的な冠水被害が発生しており、今月末に    は、再度タイ湾の潮位が高くなることから、今後の気象状況如何によって、集中的な豪雨がある場合には    バンコク中心部においても冠水する危険性があります。
 (3)引き続き、チャオプラヤー川その他の河川・運河等の増水、パトゥンタニ県及びノンタブリー県等におけ    る冠水の状況に警戒して下さい。
在タイ日本国大使館
○領事部
電話:(66-2)207-8502、(66-2)696-3002(邦人援護)
FAX :(66-2)207-8511
○経済部(日本企業支援センター、夜間は上記連絡先に願います)
電話:(66-2)207-8595
FAX :(66-2)207-8517

ネパールでムスリム指導者が射殺!

   ムスリム・グループによるチャッカジャムの実施について
9月26日トリチャンドラ大学近くでムスリム指導者が射殺されるという事件が発生しましたが,その事件につきムスリム・グループが本日午後1時30分から午後3時までの間,ネパール全土で交通封鎖(チャッカジャム) を行うと宣言しました。
今回のチャッカジャムは,ムスリム・グループが実施することからモスク周辺(カトマンズは特にラトナパーク周辺)での活動が活発になるものと思われます。
また,犯人達は未検挙であり,新たなテロが発生する可能性もあるため,外出はなるべく避けることをおすすめします。やむを得ず外出する際は,治安情勢を確認してお出かけください。
大使館代表電話 4426680
領事担当 98510-20-414
警備担当 98510-20-150

雨でたびたび洪水になるミャンマー!?

                雨で洪水になる  
 
私たちが住んでいるこの世界はだんだん温暖化になっている。季節も大きく変わっている。
世界中の色んなところで、洪水、地震、津波、山崩れなど、色々な災害が起っている。世界のある所では雨が全然降らなくて、砂漠になる国もある。季節の変化は本当に激しい。
  ミャンマーでも季節の移り変わりが年々激しく、影響が出ている。
今年はミャンマーの色々な所で雨がひどく降っている。雨量は新記録になって洪水になった。そのせいでたくさんの家が水に浸かって、住民が避難している。
洪水になった所はデルタ地方、中央部、バゴー市、マンダレー市などが特に水に浸かっている。
そこの住民たちのため、政府は色々な援助をしてくれる。仮に住める所を作って必要な物を与える。政府の下に、善意から無料で治療をしてくれる医者と看護士のグループが避難民の世話をしている。
善意の国民たちはお弁当を作って配る。
  
ミャンマーでは毎年、5月の中旬に雨が降る。今年は雨が早く降って、5月初旬、十日頃から降り始めた。例年よりひどく毎日のように雨が降っていた。大雨のせいで洪水になった。ヤンゴン市も雨がひどく降ると、大水になって、道が川に変わってしまった。
image002_20110902120848.jpg  image004.jpg
人々は歩きにくくお坊さんたちは全身ぬれて、ずぶぬれの体で、その中を歩いて托鉢をしなければならない。男性はルンジーをめくって歩く、女性はルンジーを少しだけめくって歩く、ある人は靴を脱いで歩く。
image006_20110902120904.jpg
自動車は水しぶきをあげてゆっくり運転する。水だらけになっている道路は雨が止んで30分以内に水が引いて元の道路にもどった。 
  
数年前は雨が正常に降ることがあった。ミャンマーはモンスンの季節だが、現在は熱帯の地方のようである。
季節が変わった。雨が降らない時は、暑過ぎてたまらない。 
晴れて太陽が輝いているうちに、雨雲が出て、ひどく降る日もある。季節の移り変わりが激しくて、インフルエンザの病気とか、下痢をする人も多い。
  
洪水になる原因は色々あるが、第一には人々が規則を守らないことである。
ごみ箱があるのにごみを至る所に捨てる習慣である。ある人はプラスチックのごみを排水の中に捨てる、それで排水が詰まって水が流れることができない。排水が詰まって、ごみだらけになっている光景が恥ずかしくて、ある日本人に“それは政府のせいか、国民のせいか”と聞いてみると、それは排水の中にごみを捨てる国民のせいだと答えが返ってきた。私はもっと恥ずかしかった。
               
                                   ミャンマー T・Tさんより

「対モザンビーク2国間食料援助」引渡式

「対モザンビーク二国間食糧援助」引渡式
平成23年(2011年)1月7日,「平成21年度対モザンビーク食糧援助」の引渡式が,瀬川駐モザンビーク大使とインローガ商工大臣の出席の下,マプト市において開催されました。
今回,日本政府は約12百万米ドル(約10億円)に相当する約1.7万トンの援助米をモザンビーク政府に供与しました。日本はモザンビークに対して,地方開発・経済振興,人的資源開発,ガバナンス分野,気候変動で種々のプロジェクトを実施してきていますが,これに加えて1977年より食糧援助を行っており,これまで累計で約155百万米ドルが供与されています。
日本政府としては,今回の食糧援助を通じて,モザンビークの食料安全保障と貧困削減が達成されることを期待しています。
引渡式に続いて,瀬川大使及びインローガ商工大臣は,マプト港での供与米の荷揚げの様子を視察しました。引渡式及びマプト港視察の様子は,現地のテレビ,ラジオ,新聞等各種マスコミで大きく報じられました。
瀬川大使による引渡式でのスピーチ
taishispeech_syokuryou_1_20110811144011.jpg
foto_shisatu_20110811132220.jpg
   マプト港での供与米の視察
foto_arroz_20110811132208.jpg
    マプト港で荷揚げされる米1.7万トン
foto_entrevista_20110811132213.jpg
    現地メヂィアの取材を受ける瀬川大使

今、タイではこんな手口で犯罪が起きています!!

   邦人が被害者となる犯罪に関する注意喚起>                          (2011年8月9日)
本年4月以降、当館で日本からの旅行者を含む邦人の方々から連絡・相談を受けました主な犯罪被害に関する手口等を以下のとおりお知らせしますので、犯罪に巻き込まれないよう十分に注意してください。          
1.自称シンガポール人女性による詐欺事案
(1)場 所~スクムウィット地区及びラマ4世通り界隈
(2)手 口~盗難被害に遭ったと英語で話し掛け、同情を買い、お金を騙し盗る。なお、詳細については、5月   11日付及び7月12日付当館発のお知らせをご参照下さい。
2.睡眠薬強盗
(1)場 所~特定地区・地域はなし
(2)手 口~自称マレーシア人等(国籍、男女別、人数は様々)に路上で「今度、伯母が日本へ行くので、日本   の事を教えて欲しい」などと突然声(英語、日本語混じり)を掛けられ、自宅と称する場所(飲食店の場合   も有り)に誘われ、そこで飲食を共ににする中、飲み物等に入れられた睡眠薬で昏睡状態になった
    ところで金品を奪われる。
 
 3.いかさま賭博
 (1)場 所~特定地区・地域はなし
 (2)手 口~自称マレーシア人等(国籍、男女別、人数は様々)に路上で「今度、伯母が日本へ行くので、日    本の事を教えて欲しい」などと突然声(英語、日本語混じり)を掛けられ、自宅と称する場所に誘われ、    最初は遊びでトランプゲームを勧められる中、勢いでお金を賭けるように仕向け、多額の現金を騙し
    盗られる。
  4.カードのすり替え
 (1)場 所~ゴルフ場の更衣室など
 (2)手 口~ロッカーの鍵を掛けないまま、シャワーを浴びる等で離れた隙に、財布等に入れてあるクレジッ    トカードを同じ種類(色、 デザイン等が同じ)で名義人が違うカード(盗難カード)にすり替え、短時間    で限度額の買い物をされてしまう。
 
  5.長距離バスでの預け荷物からの金品盗難
 (1)場 所~長距離バスの荷物庫
 (2)手 口~預け荷物に入れておいた金品の盗難。
 6.スリ被害等
  (1)場 所~アソーク周辺
  (2)手 口~少年2名がバイクを2人乗りで近づき、花束を持った後部座席の少年が降車し、その花束を被害    者の胸あたりに徐に押し当て、その隙に被害者のポケットに手を忍ばせ、財布等を盗む。
    なお、同少年等は、スリ以外にも工事用カラーコーンをバイク走行しながら歩行者等に投げつける悪戯も    行っている。
 
 7.路上強盗
 (1)場 所~深夜の暗い、人気の無い路上
 (2)手 口~いきなり後方から羽交い締めで気を失わせ、所持金品を強奪する。
(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
 電話:(66-2)207-8502、696-3002(邦人援護)
 FAX :(66-2)207-8511

カンボジアで鳥インフルエンザ感染者が死亡

       鳥インフルエンザ感染者の死亡について                                                                                             平成23年8月1日
                                       在カンボジア日本国大使館
1.7月28日、カンボジア保健省は、世界保健機関と共同でカンボジアにおける鳥インフルエンザ(H5N1)感染者の死亡について発表しました。
同保健省によれば、7月10日、バンテアイ・ミエンチェイ州に住む4歳の少女が病気になり、当初は地元の医師による治療を受けていましたが、症状に改善が見られなかったため、18日になり、シアムリアップにある病院に搬送されました。その後、同病院にて集中治療を受けていましたが、回復することなく、7月20日に死亡したものです。少女は病気になる前に、死んだニワトリを食べたとのことです。
2.カンボジアにおいては、これまでにH5N1への感染が認められた17例のうち、15例が死亡しています。また、本年発生した7例はすべて死亡しており、うち6例は子供でした。また、全体17例のうち11例が女性となっています。
3.つきましては、食事の前後にはよく手を洗い、また、ニワトリやアヒル、ガチョウなどを含む家禽類には近寄ったり、触れたりしないようにして下さい。また、これらの家禽類を食べる時はよく調理するようにして下さい。もし、高熱や咳などの症状が見られ、H5N1の感染が疑われる場合には、すぐに病院にて診察を受けるようにして下さい。
4.感染症についての情報や感染地域滞在の注意事項については、以下の問い合わせ先や各ホームページをご覧下さい。
○外務省領事局政策課
  電話:(代表)03ー3580ー3311(内線)2850
 ○外務省領事サービスセンター(海外安全担当)
  電話:(代表)03ー3580ー3311(内線)2902
 ○外務省海外安全ホームページ:http://www.anzen.mofa.go.jp                
                http://www.anzen.mofa.go.jp/i/(携帯版)
 ○海外渡航者のための鳥インフルエンザに関するQ&A
  http://www.anzen.mofa.go.jp/kaian_search/sars_qa.html
  ○鳥インフルエンザに関する情報(厚生労働省)
   http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou02/index.html
 ○新型インフルエンザ対策関連情報(厚生労働省)
  http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html
○海外渡航者のための感染症情報(厚生労働省検疫所)
  http://www.forth.go.jp
 ○高病原性鳥インフルエンザ(国立感染症研究所感染症情報センター)
  http://idsc.nih.go.jp/disease/avian_influenza/index.html
 ○鳥インフルエンザに関する情報(農林水産省)
   http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/tori/
○Avian influenza(世界保健機関(WHO))
  http://www.who.int/csr/disease/avian_influenza/en/
 ○国際獣疫事務局(OIE)
  http://www.oie.int/eng/en_index.htm
在カンボジア日本国大使館 領事班
電話:023-217161~164
電話交換業務時間:平日午前8時~正午、午後2時~午後5時45分
領事窓口対応時間:平日午前8時~正午、午後2時~午後4時30分
緊急連絡先(平日昼休み):012-835404
緊急連絡先(平日夜間及び休館日):016-816911
大使館ホームページ:http://www.kh.emb-japan.go.jp
Eメール宛先:consular.jpn@pp.mofa.go.jp
【お願い:在留届の内容に変更がある場合や帰国の場合には、必ず当館にご連絡下さい。】

自称シンガポール人女性による詐欺事案発生に関する再注意喚起!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
タイ在留邦人の皆様へ  【大使館からのお知らせ】
                     >
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
自称シンガポール人女性による詐欺事案発生に関する再注意喚起              (2011年7月13日)
 5月に当館から注意喚起を行いましたバンコク都内での『邦人を狙った自称シンガポール人女性による詐欺事案』が6月下旬以降再発しています。同事件の犯人と思われる人物(女性になりすましたタイ人男性(36歳))は、6月15日に当地観光警察により一旦、逮捕されましたが、その後の司法手続きにおいて同犯人は保釈されています。この状況から、当館より観光警察に対し、再度の捜査依頼は行っていますが、以下のとおり手口等を再度お知らせしますので、十分に注意して下さい。          
1.事案発生時間帯及び場所
  (1)時間帯~主に夜間
  (2)場 所~スクムウィット地区及びラマ4世通り界隈
2.手口
 (1)声掛け方法
  突然路上にて、自称シンガポール人女性(他のアジアの国籍を称する可能性もあり)に英語で声を掛けられ、『パスポートを含めお金を全て盗られた。親から海外送金して貰う予定である。貴方が持っているクレジットカード口座に振り込むので、カード番号を教えて欲しい。』と頼まれる。
  (2)お金の引き出し方法
   女性が、聞き出したカード番号をどこかに連絡をし、その後、ATMまで連れて行かれ、入金は既にされていると説明を受け、10万バーツ程の引き出しを頼まれる(実はカードを使ってキャッシングをしているだけ)。
 (3)事案発覚状況
  後日、不審に思いカード会社に連絡し、女性が説明した入金事実が無いことを知り、騙されたことに気付く。
 (4)参考事項
  犯人は、主に単独で行っているようで、主に単独で歩いている邦人を狙って詐欺を働いている。今後、他の地区でも同様の被害が発生する可能性もある。
(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
 電話:(66-2)207-8502、696-3002(邦人援護)
 FAX :(66-2)207-8511

オートギャラクシーとは
  • バス、マイクロバス、ミニバスのことならおまかせ下さい。海外にもユーザーさまがいるこの道40年の専門店です。
MAP
  • 本社:
    東京都東村山市栄町2-30-2
    京やビル202
  • TEL:042-396-8118
  • FAX:042-396-5828

  • 中古車展示場:
    埼玉県新座市中野2-4-47

  • E-MAIL:info@autogalaxy.co.jp
  • URL:http://www.autogalaxy.co.jp
▲TOPへ戻る