Auto GalaxyGood quality of used Japanese buses,
LPG vehicles and driving school vehicles

野田総理がASEAN関連首脳会議出席の為インドネシア訪問

・野田総理のASEAN関連首脳会議等出席及びインドネシア訪問 
11月17~19日,野田総理はバリを訪問し,第14回日ASEAN首脳会議,第6回東アジア首脳会議をはじめとするASEAN関連首脳会議に出席するとともに,タイ,シンガポール,ミャンマー,豪,中国の首脳との二国間会談,日中韓首脳会議等を行いました。
 日ASEAN首脳会議では,2003年の東京宣言の採択以来8年ぶりとなる新たな共同宣言(バリ宣言)及び行動計画が採択されました。
 
http://www.mofa.go.jp/mofaj/kaidan/s_noda/asean_11/index.html
・枝野経済産業大臣のインドネシア訪問
 枝野経済産業大臣は,11月17日(木)~20日(日)にインドネシア・バリに出張し,ASEANビジネス投資サミット,ASEAN+3非公式経済大臣昼食会,EAS非公式経済大臣昼食会,尼(ギタ商業大臣),緬,馬,豪,越,カンボジアの経済大臣及びASEAN事務総長とのバイ会談等,日インドネシア経済合同フォーラム,日中韓首脳会議,日緬首脳会議に出席しました。
 18日に開催された日インドネシア経済合同フォーラムにおいては,「インドネシア経済回廊」の具現化に向けた電力,スマートコミュニティ等のインフラ協力を推進していくことで合意しました。(同フォーラムで採択した共同プレス・リリースは以下の経産省ホームページから入手できます。)
http://www.meti.go.jp/press/2011/11/20111125005/20111125005.html
・インドネシア共和国に対する無償資金協力「貧困農民支援」(2KR)に係る見返り資金を活用した事業の承認について11月2日,日本政府はインドネシア政府から要請のあった,無償資金協力「貧困農民支援」(2KR)に係る見返り資金を活用した
 2012年における事業(総額100億ルピア)を承認しました。2KRは,インドネシア政府が貧困農民へ肥料を廉価に販売するための資金を提供するものですが,この肥料の売り上げは「見返り資金」として貧困農民の所得向上のための事業に役立てられることになっています。本年は,農作物・畜産物生産を通じた地域開発のため,4つの事業に使われることになります。

カンボジアで我々共同事業、ツアー用レンタカー・ハイエースがダウンしました!

           カンボジア、鷲田さんより・・・           
水江さん
ご無沙汰しております。
お元気でしょうか?
こちらは涼しく過ごしやすい日々が続いております。
写真のHI ACEがもう限界です。
限界というのは冷房が効かず、いくら修理をしても治らず、燃費も悪いのでツアーで使用するにはコストパフォーマンスが悪すぎるようになりました。
写真の通り、奇麗に使っているので車内は問題ありません。
ハイエース1 ハイエース2 ハイエース3
                   カンボジアで活躍しているハイエース
●ラゲッジカーとして使用する。
●エンジンを取り替えて使えるか試してみる。
●もう、いくらかで売ってしまう。
私的にはエンジンを取り替えて使えるか試してみたいと思ってます。
エンジン取り替えは$1000も掛かりません。試してみる価値はあると思います。
ラゲッジカーで使用するのも手ですが、その場合、一ヶ月$200も収入が入らなくなると思います。
売った場合は正確には解りませんが、数百ドルにしかならないと思われます。
状況は上記の通りです。
どのようにされたいかご意見お聞かせ下さい。
以上宜しくお願いします。
鷲田
鷲田さん久々のメール有難う御座います。
写真を見る限り非常に大事に管理され利用されているのが判ります。
エンジントラブルについて残念ですが載せ替えの手配をお願いします。
しかしUS$1,000は安いですね?・・日本では数十万円かかるところです。
この国、オイルの品質はあまりよくないし、ホコリもすごい、良くここまで持ったと感じています。
エンジンを載せ替え、このハイエースに働いてもらい次回カンボディア訪問の時、この働き者に会える事を楽しみにしております。
さすが世界に誇るトヨタブランドのハイエースワゴン(YH51G)1989年式!
不景気な日本を尻目にカンボディアで一生懸命働いてくれています。
カンボディアおよび東南アジアへのビジネス・旅行をお考えの皆さん!
是非D・A・Cの鷲田氏に相談を!
何でも気さくに相談に乗ってくれます。
カンボディア3 アフリカその他 056_640 アフリカその他 061_640
                                            水江一正

ネパールで爆弾事件発生!

        爆弾事件の発生について
報道でもご存じのとおり,22日午後2時40分ごろタパタリのUnited Mission to Nepal(キリスト教系のNGO団体)の事務所前で爆弾が爆発するという事件が発生しました。
現在,警察が捜査中ではありますが,現場付近に残されたリーフレット等からNepal Defence Armyの犯行の可能性が高いとされています。
当該団体は,ヒンズー教過激派でありキリスト教やイスラム教を敵視しております。
未だ犯人が逮捕されていないことから,今後も同様の事件が発生するおそれがありますので,できるだけ教会やモスク,キリスト教系団体事務所へ近づかないようお願いします。
ネパールの日本大使館からお知らせが入りました。

タイに対する渡航情報(危険情報)の引き下げについて

    タイに対する渡航情報(危険情報)の引き下げについて     (2011年11月16日現在)
当国における洪水被害の現状を踏まえ、10月27日付をもって、首都バンコク、アユタヤ県、パトゥムタニ県、ノンタブリー県、ナコンパトム県及びサムットサコン県に対して「渡航の延期をお勧めします。」の危険情報を発出しました。同危険情報については、その国又は地域への渡航を予定している邦人に対して渡航の延期を勧めると同時に、既にその国又は地域に滞在する邦人に対しては、邦人の「生命・身体」に直接的な危害を及ぼす事案が現実的に存在し、それがある程度継続する場合には、退避の可能性の検討や準備を促すメッセージを含むものです。当国における今次洪水被害については、現在の危険情報のレベルに引き上げた時点においては、「生命・身体」に直接的な危害を及んでいたというよりは、むしろ、洪水被害がさらに拡大する場合には、「生命・身体」に対する危害が直接及ぶ可能性があったため、「渡航の延期をお勧めします。」との危険情報を発出したものです。一方で、現下の洪水被害の状況は拡大から縮小の方向に転じ改善してきています。今後、仮に想定外の事態が生じ再び洪水被害が拡大したとしても、その際の被害の程度は「生命・身体」に直接危害を及ぼすようなものではなく、むしろ「日常生活に多少の不便・不都合」が生じる程度のものであると判断し、今般、以下のとおり危険情報の引き下げを行いました。
1.首都バンコク(プラナコーン区、ドゥシット区、バーンラック区、バーンカピ区、 パトゥムワン区、ポムプラ ーブサットルーパーイ区、プラカノーン区、ヤンナワー区、 サムパンタウォン区、パヤタイ区、トンブリー区、 ファイクワーン区、クロンサーン区、 ラートブーラナ区、ディンデーン区、サートーン区、バーンコーレーム  区、プラウェー ト区、クロントゥーイ区、スワンルアン区、ラーチャテーウィー区、ワッタナー区、サパーンス ーン区、ワントーンラーン区、ラートクラバン区、バーンスー区、バンナー区及びトゥンクル区)
(*11月15日現在バンコク都から対象となる区の全域又はその一部の地域に対して「退避勧告」が発出されて いない地区):「十分注意してください」(渡航される方は、情報収集・把握に努め、洪水被害に巻き込まれる ことのないよう安全対策を講じて下さい。また,既に滞在中の方は,洪水被害に巻き込まれることのないよう全 対策を講じるとともに,情報収集・把握に努め,洪水状況の推移・見通しに注意を払いつつ,自らの安全確保に 努めてください。)
2.首都バンコク(ノンジョーク区、バーンケーン区、ミンブリー区、バンコクヤイ区、 タリンチャン区、バンコ  クノーイ区、バーンクンティエン区、パーシージャルン区、ノケーム区、バーンパラット区、ブンクム区、チ  ャトゥチャク区、ジョムトーン区、ドンムアン区、ラートプラーオ区、バンケー区、ラクシー区、サーイマイ  区、カンナヤーオ区、 クロンサムワー区、タウィーワッタナー区及びバーンボーン区)
 (*11月15日現在 バンコク都から対象となる区の全域又はその一部の地域に対して「退避勧告」が発出され  ている地区):「渡航の是非を検討してください。」(渡航される方は、情報収集・把握に努め、洪水被害に  巻き込まれることのないよう十分な安全対策を講じてください。また、既に滞在中の方は、洪水被害に巻き込  まれることのないよう十分な安全対策を講じるとともに、洪水状況の推移・見通しに注意を払いつつ、滞在先  周辺に浸水被害が及ぶおそれが認められる場合には、安全な場所の確保若しくは安全な地域への移動など自ら  の安全確保に努めてください。)
3.アユタヤ県、パトゥムタニ県、ノンタブリー県、ナコンパトム県及びサムットサコン県:「渡航の是非を検討  してください。」(渡航される方は、情報収集・把握に努め、洪水被害に巻き込まれることのないよう十分な  安全対策を講じてください。また、既に滞在中の方は、洪水被害に巻き込まれることのないよう十分な安全対  策を講じるとともに、洪水状況の推移・見通しに注意を払いつつ、滞在先周辺に浸水被害が及ぶおそれが認め  られる場合には、安全な場所の確保若しくは安全な地域への移動など自らの安全確保に努めてください。)
【外務省海外安全ホームページ関連部分】
 http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcmap.asp?id=007&infocode=2011T199&filetype=1&fileno=2
 情報」
 http://www.th.emb-japan.go.jp/
 ○Twitterを開始いたしましたので、こちらも参照してください。
 http://twitter.com/#!/japanEmb_Thai

カンボジアの水祭りで注意!

              ~水祭り期間中の注意事項について~  
                          (平成23年11月2日)
     
来る11月9日(水)~11日(金)は、カンボジア独立記念日及びカンボジアの恒例行事である水祭りとなります。こうした連休の際は、飲酒や賭博が盛んとなり、金の工面のため盗みをはたらく者(強盗、侵入窃盗、スリやひったくり)、酔った上での喧嘩や発砲事件等の各種犯罪が増加する傾向にあります。そのため、以下の点につき十分ご注意願います。
なお、在カンボジア日本国大使館においても、11月9日(水)~11日(金)は休館日となっており、14日(月)からの開館となります。この期間中の緊急連絡先は016-816911です。
1.外出に関する注意
●水祭り期間中は、酔っ払いの喧嘩、飲酒運転による事故、拳銃を使用した強盗事件が多くなりますので、深夜の外出や単独行動はできるだけ控えるとともに、外出の際には、戸締まりを厳重にして事件や事故に巻き込まれないよう十分注意して下さい。
●昨年の水祭りにおいては、プノンペン都内のダイヤモンドアイランドへ通じる橋の上で350名を超える死者を伴う事故が発生しました。本年においても、大規模なイベントが行われる場合、可能な限り会場には近づかないよう注意してください。
2.旅券(パスポート)の保管・管理
 旅券の管理は特に厳重に行ってください。旅券の盗難や紛失の場合には、旅券の新規発給及び出国査証の申請手続きが必要となります。日本国旅券の発給については大使館が行いますが、カンボジアを出国する際に必要となる出国査証については、カンボジア入国管理局が管轄しているため、11月9日(水)~13日(日)は同査証の申請を受け付けてくれません。そのため、旅券の盗難や紛失をした場合、カンボジア国内から出国することが大幅に遅れる可能性があります。
(問い合わせ先)
在カンボジア日本国大使館 領事班
 ホームページ:http://www.kh.emb-japan.go.jp  
 Eメール:consular.jpn@pp.mofa.go.jp

オートギャラクシーとは
  • バス、マイクロバス、ミニバスのことならおまかせ下さい。海外にもユーザーさまがいるこの道40年の専門店です。
MAP
  • 本社:
    東京都東村山市栄町2-30-2
    京やビル202
  • TEL:042-396-8118
  • FAX:042-396-5828

  • 中古車展示場:
    埼玉県新座市中野2-4-47

  • E-MAIL:info@autogalaxy.co.jp
  • URL:http://www.autogalaxy.co.jp
▲TOPへ戻る