Auto GalaxyGood quality of used Japanese buses,
LPG vehicles and driving school vehicles

タイに対する渡航情報(危険情報)の引き上げについて

        タイに対する渡航情報(危険情報)の引き上げについて  (2011年10月27日現在)
1.首都バンコク
首都バンコクの危険情報を「渡航の延期をお勧めします。」に引き上げましたので、緊急の目的・業務の必要など
やむをえない事情で渡航される方は、渡航予定地域の洪水状況の推移に十分な注意を払いつつ、洪水被害に巻き込まれることのないよう適切な安全対策を講じてください。
また、今後、邦人の多数居住する都内中心部においても冠水・浸水が生じるおそれが高まっていますので、既に滞在中の方は、各種水害(停電・断水を含む)に備えて備蓄を進めるなど具体的な安全対策を講じて自らの安全確保に努めてください。
更に、都内中心部で冠水・浸水の被害が拡大した場合には、停電・断水、道路の寸断、公共交通機関の麻痺、衛生面などで大きな支障が生じるおそれがありますので、洪水状況の推移・見通しに十分な注意を払いつつ、事情が許す限り、早めに国外への出国を含め安全な場所の確保若しくは安全な場所への移動を検討してください。
2.アユタヤ県、パトゥムタニ県、ノンタブリー県、ナコンパトム県及びサムットサコン県
同地域の危険情報を「渡航の延期をお勧めします。」に引き上げましたので、緊急の目的・業務の必要などやむを
えない事情で渡航される方は、渡航予定地域の洪水状況の推移に十分な注意を払いつつ、洪水被害に巻き込まれることのないよう適切な安全対策を講じてください。
また、既に滞在されている方は、洪水状況の推移・見通しに十分な注意を払いつつ、事情が許す限り、早めに国外への出国を含め安全な場所の確保若しくは安全な場所への移動を検討してください。
○日本大使館ホーム・ページ
「タイ洪水被害関連情報」
 http://www.th.emb-japan.go.jp/
○Twitterを開始いたしましたので、こちらも参照してください。
 http://twitter.com/#!/japanEmb_Thai

バンコク都における降雨・洪水被害に関するインラック首相の声明

          バンコク都における降雨・洪水被害に関するインラック首相の声明     (2011年10月25日現在)
25日、20時半よりインラック首相は、バンコク都における洪水被害に関して、テレビで声明を発表しました。
(以下は、当館館員がインラック首相の声明を聞き取ったものの骨子です。声明の正確な内容につきましては、
タイ政府から正式な声明文が公表され次第、改めて確認いたします。)
1.タイの北部から中央部を通って大きな水の固まりが流れてきている。水の流れのエネルギーは受け止められる
能力より大きいため、水はバンコクの内部と外部に侵入する可能性あり。
2.洪水による水位は、水をどれだけコントロールできるかによって違ってくる。また、土地の高低により一定ではない。
3.(バンコク)西部では北から流れてきた水は、ノンタブリー、バンプラットに影響を与えている。
バンコク都は堤防を強化しているが、水は受け止められる能力を超えており、トンブリ及び周辺地域で平均して50センチの洪水となっている。
4.(バンコク)北部では、流れ込む水は運河の戸を閉めホックワー運河から排出し、バンコクの中心を流れないよう対処しており、うまくいけば洪水による水位は50センチメートルを越えない。
5.(バンコク)東部では、ラピーパット運河やクロンセープ運河を使って海に流すが、当初の計画通り進んでも、この地域は他地域より低いことから、洪水の水位は1~1.5メートルが見込まれる。
6.最悪のケースとして、堤防が崩れる、又は、水位が予想を超えるような場合、バンコクは場所によって高低が異なることから、洪水の水位は10センチメートル~1.5メートルとなると見込まれる。
政府は影響が最小限となるように努力するが、本日より国民も万一に備えて財産を高い場所に移して欲しい。
7.水位が上昇する27~31日を臨時の休日とした。他方、洪水対策従事者は引き続き協力して欲しい。政府
は食料品や生活必需品の確保、水や電気の質の確保に最大限取り組む。
8.国民はパニックになってはならないが、同時に万一に備えて欲しい。この危機を乗り越えられると確信している。
○日本大使館ホーム・ページ
「タイ洪水被害関連情報」
 http://www.th.emb-japan.go.jp/

タイ北部・中部およびバンコク都における降雨・洪水被害に関する注意②

     タイ北部・中部及びバンコク都における降雨・洪水被害に関する注意喚起     (2011年10月24日現在)
1.降雨・洪水被害に関する注意喚起については、累次「大使館からのお知らせ」におきまして発出しているとおりです。河川の氾濫及び洪水被害はチャオプラヤー川下流のバンコク都に向かって拡大しています。
2.23日夜、スクムパン・バンコク都知事は、パトゥムタニ県ランシット地区の大量の水がバンコクに流れ込んでおり、バンコク北部で水を溢れさせ、水位が早いテンポで上昇していると説明した上で、都が周辺状況の計測指標から状況を評価したところ、当面影響を受ける地域は、ドンムアン、ラクシー、バンケーン、ジャトゥチャック、サイマーイ地区であることから、これらの地域の住民は家財、自動車その他を高い場所に移すとともに、生命及び家財に危険な地区に住む住民は、都が準備する避難施設に移動して欲しいとの声明を発表した。更に都知事は、住民に対しパニックにならないよう求め、都は政府とともに状況の改善と住民保護に今後24時間体制で取り組むので信用して欲しいと述べ、都は持てるすべての能力、移動チーム、緊急及び医療チームユニットを動員して、住民に助言を行っていくと述べた。
○バンコク都発表(英文:http://www.bangkokgis.com/flood/)(本文下部に仮日本語訳)
3.つきましては、最新情報の把握に努め、ドンムアン、ラクシー、バンケーン、ジャトゥチャック、サイマーイ地区の増水に注視するとともに洪水被害のおそれがある場合には安全な避難場所の確保等の具体的な安全対策を早めに講じて下さい。
○日本大使館ホーム・ページ
「タイ洪水被害関連情報」
 http://www.th.emb-japan.go.jp/
【参考:バンコク都発表の仮日本語訳】
23日夜、スクムパン都知事は、パトゥムタニ県ランシット地区の大量の水がバンコクに流れ込んでおり、バンコク北部で水を溢れさせ、水位が早いテンポで上昇していると説明し、都が周辺状況の計測指標から状況を評価したところ、当面影響を受ける地域は、ドンムアン、ラクシー、バンケーン、ジャトゥチャック、サイマーイ地区であることから、これらの地域の住民は家財、自動車その他を高い場所に移すとともに、生命及び家財に危険な地区に住む住民、とりわけ一義的に重要な、老人、子供、病人は、都が準備する避難施設に移動して欲しい。また、住民及び都の職員は、状況に留意し、都の発表を注視して欲しい旨を発表した。更に同都知事は、住民にパニックにならないよう求め、都は政府とともに状況の改善と住民保護に今後24時間体制で取り組むので信用して欲しいと述べるとともに、都は持てるすべての能力、移動チーム、緊急及び医療チームユニットを動員して、住民に助言を行っていく、明日(24日)状況を再評価し、事態が危機的となった場合は、約束通り自分がこれを最初に発表する旨述べた。

バンコク都における降雨、洪水被害に関する注意喚起!

        タイ北部・中部及びバンコク都における降雨・洪水被害に関する注意喚起   (2011年10月22日現在)
1.降雨・洪水被害に関する注意喚起については、累次「大使館からのお知らせ」におきまして発出しているとおりです。河川の氾濫及び洪水被害はチャオプラヤー川下流のバンコク都に向かって拡大しています。
2.22日夜、スクムパン・バンコク都知事は、チャオプラヤー川の水位が高くなっており、全体的な状況として危険なレベルに達しているわけではないが、注視する必要があるとして、チャオプラヤー川両岸の13区の27集落の住民に対して、自らの地域の事態を注視するとともに、水位が急速に上昇する場合は居住地を離れ、都が準備する避難場所に直ちに移動するよう呼びかけております。
○バンコク都発表(英文)
 http://www.bangkokgis.com/flood/index.php?option=com_content&view=article&id=174:announcement-on-floo ding-situation-in-bangkok-22-oct-2011-0730-pm&catid=1:latest-news&Itemid=6
○チャオプラヤー川沿岸の27地域の場所
 http://www.bangkokgis.com/flood/index.php?option=com_wrapper&view=wrapper&Itemid=74
3.つきましては、最新情報の把握に努め、チャオプラヤー川の増水に注視するとともに河川の両岸において洪水被害のおそれがある場合には安全な避難場所の確保等の具体的な安全対策を早めに講じて下さい。
在タイ日本国大使館
○領事部
電話:(66-2)207-8502、(66-2)696-3002(邦人援護)
FAX :(66-2)207-8511
○経済部(日本企業支援センター、夜間は上記連絡先に願います)
電話:(66-2)207-8595
FAX :(66-2)207-8517
○日本大使館ホーム・ページ
「タイ洪水被害関連情報」
 http://www.th.emb-japan.go.jp/

タイ・バンコクの降雨・洪水に関する注意!

    タイ北部・中部及びバンコク都における降雨・洪水被害に関する注意喚起            
                (2011年10月17日現在)
1.今般、当館ホームページ上に「タイ洪水被害関連情報」コーナーを設けましたので参考にして下さい。
   http://www.th.emb-japan.go.jp/
2.降雨・洪水被害に関する注意喚起については、累次「大使館からのお知らせ」におきまして発出しているとお  りです。17日現在、河川の氾濫、冠水等は、アユタヤ県からチャオプラヤー川下流のバンコク都方面に向か  って引き続き広がりを見せつつあり、パトゥンタニ県及びノンタブリー県の一部地域及び工業団地を含め被害  が拡大しています。特に、17日、タイ政府は、パトゥンタニ県に所在するナワナコン工業団地及びその周辺  の地域に冠水が確認されたことから、同地域の住民に対して避難勧告を発出しました。
3.
 (1)バンコク都内においては、15日~16日にかけて高潮のピークを迎え、海面潮位の上昇によるバンコク    中心部への洪水被害の拡大が懸念されておりましたが、報道によれば、これまでのところバンコク中心部    において大きな被害は発生していない模様です。
 (2)チャオプラヤー川沿いなど一部の地域においては降雨により一時的な冠水被害が発生しており、今月末に    は、再度タイ湾の潮位が高くなることから、今後の気象状況如何によって、集中的な豪雨がある場合には    バンコク中心部においても冠水する危険性があります。
 (3)引き続き、チャオプラヤー川その他の河川・運河等の増水、パトゥンタニ県及びノンタブリー県等におけ    る冠水の状況に警戒して下さい。
在タイ日本国大使館
○領事部
電話:(66-2)207-8502、(66-2)696-3002(邦人援護)
FAX :(66-2)207-8511
○経済部(日本企業支援センター、夜間は上記連絡先に願います)
電話:(66-2)207-8595
FAX :(66-2)207-8517

ネパールでムスリム指導者が射殺!

   ムスリム・グループによるチャッカジャムの実施について
9月26日トリチャンドラ大学近くでムスリム指導者が射殺されるという事件が発生しましたが,その事件につきムスリム・グループが本日午後1時30分から午後3時までの間,ネパール全土で交通封鎖(チャッカジャム) を行うと宣言しました。
今回のチャッカジャムは,ムスリム・グループが実施することからモスク周辺(カトマンズは特にラトナパーク周辺)での活動が活発になるものと思われます。
また,犯人達は未検挙であり,新たなテロが発生する可能性もあるため,外出はなるべく避けることをおすすめします。やむを得ず外出する際は,治安情勢を確認してお出かけください。
大使館代表電話 4426680
領事担当 98510-20-414
警備担当 98510-20-150

オートギャラクシーとは
  • バス、マイクロバス、ミニバスのことならおまかせ下さい。海外にもユーザーさまがいるこの道40年の専門店です。
MAP
  • 本社:
    東京都東村山市栄町2-30-2
    京やビル202
  • TEL:042-396-8118
  • FAX:042-396-5828

  • 中古車展示場:
    埼玉県新座市中野2-4-47

  • E-MAIL:info@autogalaxy.co.jp
  • URL:http://www.autogalaxy.co.jp
▲TOPへ戻る