Auto GalaxyGood quality of used Japanese buses,
LPG vehicles and driving school vehicles

雨でたびたび洪水になるミャンマー!?

                雨で洪水になる  
 
私たちが住んでいるこの世界はだんだん温暖化になっている。季節も大きく変わっている。
世界中の色んなところで、洪水、地震、津波、山崩れなど、色々な災害が起っている。世界のある所では雨が全然降らなくて、砂漠になる国もある。季節の変化は本当に激しい。
  ミャンマーでも季節の移り変わりが年々激しく、影響が出ている。
今年はミャンマーの色々な所で雨がひどく降っている。雨量は新記録になって洪水になった。そのせいでたくさんの家が水に浸かって、住民が避難している。
洪水になった所はデルタ地方、中央部、バゴー市、マンダレー市などが特に水に浸かっている。
そこの住民たちのため、政府は色々な援助をしてくれる。仮に住める所を作って必要な物を与える。政府の下に、善意から無料で治療をしてくれる医者と看護士のグループが避難民の世話をしている。
善意の国民たちはお弁当を作って配る。
  
ミャンマーでは毎年、5月の中旬に雨が降る。今年は雨が早く降って、5月初旬、十日頃から降り始めた。例年よりひどく毎日のように雨が降っていた。大雨のせいで洪水になった。ヤンゴン市も雨がひどく降ると、大水になって、道が川に変わってしまった。
image002_20110902120848.jpg  image004.jpg
人々は歩きにくくお坊さんたちは全身ぬれて、ずぶぬれの体で、その中を歩いて托鉢をしなければならない。男性はルンジーをめくって歩く、女性はルンジーを少しだけめくって歩く、ある人は靴を脱いで歩く。
image006_20110902120904.jpg
自動車は水しぶきをあげてゆっくり運転する。水だらけになっている道路は雨が止んで30分以内に水が引いて元の道路にもどった。 
  
数年前は雨が正常に降ることがあった。ミャンマーはモンスンの季節だが、現在は熱帯の地方のようである。
季節が変わった。雨が降らない時は、暑過ぎてたまらない。 
晴れて太陽が輝いているうちに、雨雲が出て、ひどく降る日もある。季節の移り変わりが激しくて、インフルエンザの病気とか、下痢をする人も多い。
  
洪水になる原因は色々あるが、第一には人々が規則を守らないことである。
ごみ箱があるのにごみを至る所に捨てる習慣である。ある人はプラスチックのごみを排水の中に捨てる、それで排水が詰まって水が流れることができない。排水が詰まって、ごみだらけになっている光景が恥ずかしくて、ある日本人に“それは政府のせいか、国民のせいか”と聞いてみると、それは排水の中にごみを捨てる国民のせいだと答えが返ってきた。私はもっと恥ずかしかった。
               
                                   ミャンマー T・Tさんより

オートギャラクシーとは
  • バス、マイクロバス、ミニバスのことならおまかせ下さい。海外にもユーザーさまがいるこの道40年の専門店です。
MAP
  • 本社:
    東京都東村山市栄町2-30-2
    京やビル202
  • TEL:042-396-8118
  • FAX:042-396-5828

  • 中古車展示場:
    埼玉県新座市中野2-4-47

  • E-MAIL:info@autogalaxy.co.jp
  • URL:http://www.autogalaxy.co.jp
▲TOPへ戻る