Auto GalaxyGood quality of used Japanese buses,
LPG vehicles and driving school vehicles

「対モザンビーク2国間食料援助」引渡式

「対モザンビーク二国間食糧援助」引渡式
平成23年(2011年)1月7日,「平成21年度対モザンビーク食糧援助」の引渡式が,瀬川駐モザンビーク大使とインローガ商工大臣の出席の下,マプト市において開催されました。
今回,日本政府は約12百万米ドル(約10億円)に相当する約1.7万トンの援助米をモザンビーク政府に供与しました。日本はモザンビークに対して,地方開発・経済振興,人的資源開発,ガバナンス分野,気候変動で種々のプロジェクトを実施してきていますが,これに加えて1977年より食糧援助を行っており,これまで累計で約155百万米ドルが供与されています。
日本政府としては,今回の食糧援助を通じて,モザンビークの食料安全保障と貧困削減が達成されることを期待しています。
引渡式に続いて,瀬川大使及びインローガ商工大臣は,マプト港での供与米の荷揚げの様子を視察しました。引渡式及びマプト港視察の様子は,現地のテレビ,ラジオ,新聞等各種マスコミで大きく報じられました。
瀬川大使による引渡式でのスピーチ
taishispeech_syokuryou_1_20110811144011.jpg
foto_shisatu_20110811132220.jpg
   マプト港での供与米の視察
foto_arroz_20110811132208.jpg
    マプト港で荷揚げされる米1.7万トン
foto_entrevista_20110811132213.jpg
    現地メヂィアの取材を受ける瀬川大使

今、タイではこんな手口で犯罪が起きています!!

   邦人が被害者となる犯罪に関する注意喚起>                          (2011年8月9日)
本年4月以降、当館で日本からの旅行者を含む邦人の方々から連絡・相談を受けました主な犯罪被害に関する手口等を以下のとおりお知らせしますので、犯罪に巻き込まれないよう十分に注意してください。          
1.自称シンガポール人女性による詐欺事案
(1)場 所~スクムウィット地区及びラマ4世通り界隈
(2)手 口~盗難被害に遭ったと英語で話し掛け、同情を買い、お金を騙し盗る。なお、詳細については、5月   11日付及び7月12日付当館発のお知らせをご参照下さい。
2.睡眠薬強盗
(1)場 所~特定地区・地域はなし
(2)手 口~自称マレーシア人等(国籍、男女別、人数は様々)に路上で「今度、伯母が日本へ行くので、日本   の事を教えて欲しい」などと突然声(英語、日本語混じり)を掛けられ、自宅と称する場所(飲食店の場合   も有り)に誘われ、そこで飲食を共ににする中、飲み物等に入れられた睡眠薬で昏睡状態になった
    ところで金品を奪われる。
 
 3.いかさま賭博
 (1)場 所~特定地区・地域はなし
 (2)手 口~自称マレーシア人等(国籍、男女別、人数は様々)に路上で「今度、伯母が日本へ行くので、日    本の事を教えて欲しい」などと突然声(英語、日本語混じり)を掛けられ、自宅と称する場所に誘われ、    最初は遊びでトランプゲームを勧められる中、勢いでお金を賭けるように仕向け、多額の現金を騙し
    盗られる。
  4.カードのすり替え
 (1)場 所~ゴルフ場の更衣室など
 (2)手 口~ロッカーの鍵を掛けないまま、シャワーを浴びる等で離れた隙に、財布等に入れてあるクレジッ    トカードを同じ種類(色、 デザイン等が同じ)で名義人が違うカード(盗難カード)にすり替え、短時間    で限度額の買い物をされてしまう。
 
  5.長距離バスでの預け荷物からの金品盗難
 (1)場 所~長距離バスの荷物庫
 (2)手 口~預け荷物に入れておいた金品の盗難。
 6.スリ被害等
  (1)場 所~アソーク周辺
  (2)手 口~少年2名がバイクを2人乗りで近づき、花束を持った後部座席の少年が降車し、その花束を被害    者の胸あたりに徐に押し当て、その隙に被害者のポケットに手を忍ばせ、財布等を盗む。
    なお、同少年等は、スリ以外にも工事用カラーコーンをバイク走行しながら歩行者等に投げつける悪戯も    行っている。
 
 7.路上強盗
 (1)場 所~深夜の暗い、人気の無い路上
 (2)手 口~いきなり後方から羽交い締めで気を失わせ、所持金品を強奪する。
(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
 電話:(66-2)207-8502、696-3002(邦人援護)
 FAX :(66-2)207-8511

カンボジアで鳥インフルエンザ感染者が死亡

       鳥インフルエンザ感染者の死亡について                                                                                             平成23年8月1日
                                       在カンボジア日本国大使館
1.7月28日、カンボジア保健省は、世界保健機関と共同でカンボジアにおける鳥インフルエンザ(H5N1)感染者の死亡について発表しました。
同保健省によれば、7月10日、バンテアイ・ミエンチェイ州に住む4歳の少女が病気になり、当初は地元の医師による治療を受けていましたが、症状に改善が見られなかったため、18日になり、シアムリアップにある病院に搬送されました。その後、同病院にて集中治療を受けていましたが、回復することなく、7月20日に死亡したものです。少女は病気になる前に、死んだニワトリを食べたとのことです。
2.カンボジアにおいては、これまでにH5N1への感染が認められた17例のうち、15例が死亡しています。また、本年発生した7例はすべて死亡しており、うち6例は子供でした。また、全体17例のうち11例が女性となっています。
3.つきましては、食事の前後にはよく手を洗い、また、ニワトリやアヒル、ガチョウなどを含む家禽類には近寄ったり、触れたりしないようにして下さい。また、これらの家禽類を食べる時はよく調理するようにして下さい。もし、高熱や咳などの症状が見られ、H5N1の感染が疑われる場合には、すぐに病院にて診察を受けるようにして下さい。
4.感染症についての情報や感染地域滞在の注意事項については、以下の問い合わせ先や各ホームページをご覧下さい。
○外務省領事局政策課
  電話:(代表)03ー3580ー3311(内線)2850
 ○外務省領事サービスセンター(海外安全担当)
  電話:(代表)03ー3580ー3311(内線)2902
 ○外務省海外安全ホームページ:http://www.anzen.mofa.go.jp                
                http://www.anzen.mofa.go.jp/i/(携帯版)
 ○海外渡航者のための鳥インフルエンザに関するQ&A
  http://www.anzen.mofa.go.jp/kaian_search/sars_qa.html
  ○鳥インフルエンザに関する情報(厚生労働省)
   http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou02/index.html
 ○新型インフルエンザ対策関連情報(厚生労働省)
  http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/index.html
○海外渡航者のための感染症情報(厚生労働省検疫所)
  http://www.forth.go.jp
 ○高病原性鳥インフルエンザ(国立感染症研究所感染症情報センター)
  http://idsc.nih.go.jp/disease/avian_influenza/index.html
 ○鳥インフルエンザに関する情報(農林水産省)
   http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/tori/
○Avian influenza(世界保健機関(WHO))
  http://www.who.int/csr/disease/avian_influenza/en/
 ○国際獣疫事務局(OIE)
  http://www.oie.int/eng/en_index.htm
在カンボジア日本国大使館 領事班
電話:023-217161~164
電話交換業務時間:平日午前8時~正午、午後2時~午後5時45分
領事窓口対応時間:平日午前8時~正午、午後2時~午後4時30分
緊急連絡先(平日昼休み):012-835404
緊急連絡先(平日夜間及び休館日):016-816911
大使館ホームページ:http://www.kh.emb-japan.go.jp
Eメール宛先:consular.jpn@pp.mofa.go.jp
【お願い:在留届の内容に変更がある場合や帰国の場合には、必ず当館にご連絡下さい。】

オートギャラクシーとは
  • バス、マイクロバス、ミニバスのことならおまかせ下さい。海外にもユーザーさまがいるこの道40年の専門店です。
MAP
  • 本社:
    東京都東村山市栄町2-30-2
    京やビル202
  • TEL:042-396-8118
  • FAX:042-396-5828

  • 中古車展示場:
    埼玉県新座市中野2-4-47

  • E-MAIL:info@autogalaxy.co.jp
  • URL:http://www.autogalaxy.co.jp
▲TOPへ戻る