Auto GalaxyGood quality of used Japanese buses,
LPG vehicles and driving school vehicles

安齋さんのカンボディアブログ・・訪日研修の軌跡・越後の春・雪・月・華・・・

「カンボジア・竹と風の学校」の支援者の皆さん 
カンボジアは本格的な雨季に入っています。雨季はカンカン照りの乾季と比べて、スコールが来れば過ごしやすいです。雨季に入るだけで我が家の冷房代も10~20ドルは安くなります。幸い、カンボジアには“節電”なんていうのはなく、お金がなければ自ずと節電しますし、国道を一歩外れればバッテリー生活です。それでも近頃、不定期の停電があります。おそらく経済特区と称するところや富裕層地区は停電はないのでしょう。遠いカンボジアから見れば、“節電”騒ぎの日本の姿は奇妙に漫画的にさえみえます。電力会社に乗せられた節電騒ぎに見える私ですが、こと節電については意見は全く逆だが、橋下知事と石原知事の発言が的を得ているように思えます。どちらもムードを煽る節電キャンペーンではなく(東電、政権批判の目くらましではないか)、やるなら根拠を持って実効あるものにしろ、といったところではないだろうか。
 経済活動が大事なら、経済重点部門と一般家庭や商店等と区別した節電をすればいい、と思っている。仕事はばりばりやって、家に帰りゃちょっと我慢するか、といったことはあってもいい。が、全面自粛のような節電は知恵のあるまともな政策とは思えない、というのが実感です。
 全面的な節電キャンペーンをするのなら、効果はただ一つ、徹底した省エネ技術の革新・開発に国が政策として強力に具体的に推進すべきである。
 そうした具体的な理念や政策が見えてこないなかで自然エネルギーなんて言ったって、何年かかるんだよ、といったもので、だから皆が不透明感に苛立つのである。原発が結局のところかろうじての安全対策ができるだけであって、その実、制御できないエネルギーであったということが誰にも明白になったからには、人類史の観点からは脱原発への道は既定のことであって、それは短期的な反原発や原発依存の議論を超えたところにあるように思えます。科学・技術の問題は、新たな技術革新によって乗り越えねばならないというのは自明のことで、節電キャンペーンが具体的な技術革新に結びつかなければ、統制好きの昔懐かしさだけで痴呆状態になっている老害現象である(だから経団連も楽天から見放される!)、と思っている。日本のニュースを見るに6月だというのに熊谷で39度を超えるなんていうのは、乾季の灼熱のインド並みである。どうか、「欲しがりません、勝つまでは」なんていう痩せ細った倫理キャンペーン“節電”なんてしないで、熱中症にならないことが肝要である。いざとなったら経済活動も熱中症で死ぬ人がでるようだったら、止めたっていいんだという図太さ必要だし、それでこそ日本人が元気でいる証左だと思っている。我慢する事なんてない。我慢していいことなんて、普通の人たちにとって日本の歴史でいいことなんて一度だってあったろうか。
 さて、かくいう私ですが、何かと忙しい毎日を送っています。学校では新特別授業の設置で新先生の訓練と授業の定着という課題で身の休まる暇もありません。まあ、これも我慢してしていることではないんで、仕方がない事ですが・・・。それで前回のメール:訪日研修の軌跡18から大分日が経ってしまいました。ここにようやくにNo.19の報告ができます。
 今回は「越後の春」第三弾です。
竹と風の学校:6月
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
カンボジア・竹と風の学校を支援する会:代表
カンボジア・竹と風の学校      :校長
      安 齊 恭 夫
住所:#171,Street 300, Bueng Keng Kang 2,
Phnom Penh, Cambodia.
E-mail:anzy2491@yahoo.co.jp
Tel:(日本から)001-855-12392754
事務局(日本)080-5081-8802<小池隆夫>
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

要注意!!カンボジアにてクレジットカードのスキミング!

在留邦人の皆様へ
 ~自動現金支払機(ATM)使用時のスキミングに対する注意喚起~
                                         平成23年6月20日
                                       在カンボジア日本国大使館
今般、シアムリアップ州シヴォタ通りのATMにおいて、クレジットカードを使用して現金を引き出した際、スキミング(磁気カードに記録された情報を不正に読み取ること)が行われ、読み取られた情報を元に、別のクレジットカードが偽造され、プノンペンで不正な引き出しが行われたとのことです。
また、別のケースでは、海外に出かけている間にATMのカードのデータが盗まれ、やはりプノンペンのATMにて第三者により不正に現金が引き出された模様です。
スキミングの方法としては、ATMのカード差し込み口に被せる形で口座情報や暗証番号を読み取る機器を設置して、不正に情報を取得したり、お店でクレジットカードを利用した際に、店員によって不正にデータを盗まれたりする手口が考えられます。
在留邦人の皆様におかれましては、ATM使用時には、カード読み取り口に疑わしい又は見覚えのない機器が設置されていないかどうか確認するとともに、不審な点があればATMを使用せず、ATMを設置している銀行に通報するなどの対応を心がけて下さい。また、お店でクレジットカードを利用する際にも、できるだけ信頼のおけるお店にて利用するようにし、その場合でも、カードの読み取りに不審な行動がないか確認するようにして下さい。
 
また、カード会社より利用明細書を受け取った際は、不明な支出がないかを必ず確認するとともに、心当たりのない利用があった場合には、すぐにカード会社に連絡を取るようにして下さい。
(問い合わせ先)
在カンボジア日本国大使館領事班
電話:023-217161~164
電話交換業務時間:平日午前8時~正午、午後2時~午後5時45分
領事窓口対応時間:平日午前8時~正午、午後2時~午後4時30分
緊急連絡先(平日時間外):016-835404、835407、835419
緊急連絡先(週末休館日):012-835430
大使館ホームページ:http://www.kh.emb-japan.go.jp
Eメール宛先:consular.jpn@pp.mofa.go.jp
【お願い:在留届の内容に変更がある場合や帰国の場合には、必ず当館にご連絡下さい。】

☆ミャンマー・カチン州で政府軍と戦闘!数千人の住民が避難!

 ☆ミャンマー・カチン州で戦闘!
国境・少数民族武装勢力 22:23
ニューヨーク・タイムズ: カチン州での戦闘地域が広がる 2,000人が中国に逃げる 
カチン・ニュース: カチン州での戦闘で 多数の避難民がカチン独立軍(KIA)本拠地のライザを目指す
BBC: カチン独立軍(KIA)、ビルマ国軍の侵攻を防ぐために複数の橋を破壊 2,000人が避難したとの情報も
DVB: カチン州の水力ダム建設現場に取り残されていた中国人約30人が中国に帰国 
AFP: カチン州での戦闘で多数の住民が逃げる 100人から1,800人が中国に入ったとの情報
イラワディ: 武力紛争の発生によりカチン州で混乱 道路封鎖や橋の破壊、爆弾爆発も
ロイター: カチン州での交戦が始まってから一週間 戦闘の拡大を懸念する声
国境・少数民族武装勢力 11:13
AP: カチン州の戦闘地域から10,000人が避難したとカチン独立機構(KIO) 戦闘による死傷者数も不明
AFP: カチン独立軍(KIA)、中国による調停を望む 中国は「平和的交渉を通じて解決してほしい」と
ガーディアン(英): カチン州で中国用の水力発電ダム建設をめぐり17年ぶりに戦闘が再開 数十人が死亡、数千人が避難か
DVB: 中国が出資する水力開発事業が武力紛争を引き起こしている、とビルマ河川ネットワーク
DVB: カチン独立軍(KIA)が中国の調停を求める 中国は「抑制」促す
カチン・ニュース・グループ: カチン独立軍(KIA)、ビルマ軍からの脱走兵を歓迎すると表明
テレグラフ(英): カチン州での戦闘止まず 数千人が避難
等と世界各国の新聞社は報道している。
カチンの難民  カチンの難民2
カチンの難民3  
戦闘が起きている地域から避難するカチン住民(2011年6月)
カチンの難民4
KIO拠点の一つマイジャヤンに設けられた、戦闘地域から逃げてきた人のための仮設避難所

カンボジアから・・・安斉先生の気まぐれ通信♪

先日、偶然にオートギャラクシーの水江氏とプノンペンでお会いしました。その時、言わば在住者だから解るカンボジア気質といった話で盛り上がったところ、帰国後、水江氏からブログの依頼があり、誠実な水江氏のお人柄から快諾しました。その時、小生からの返事に一期の出会いは何かのご縁と、投稿をシリーズ化したいと申し出ました。小生、ちょっとずぼらなところもあり、気まぐれ通信となるかもしれませんが、水江氏とのご縁を大切にして息の長いものにしたいと願っております。
                   言葉で出会うカンボジア-1-   
image002.gif  チョムリアップ・スオーimage004.gif スオスダイ
「間違いだらけのクメール語」とは言わないまでも、「間違いやすいクメール語」理解はあります。
 さて、旅行雑誌を除くと「カンボジア語会話」というコーナーがありますが、短期間の旅行者にとっては、読み物であっても実用的ではありません。なかには、『えっ、こんなこと聞いたことがないよ』というのも載っています。
例えば、「おはよう」「こんばんは」などのカンボジア語、現地の人に訊くと『これは、テレビやラジオで言うだけで、普段誰も使いません』とのことでした。どうやら翻訳造語のようです。
 この一言があれば、クメールの微笑みが返ってくる、そんな言葉があればいいのです。
旅行雑誌の会話でコミュニケーションならば、今、流行の「指さし会話」のほうがずっと役立ちますし、変な発音で誤解されることもありません。
 今回の挨拶言葉は、クメール語の紹介ページがあれば、かならず出てくるポピュラーもの。でもこれも使い方次第でちょっとディープになります。
『チョムリアップ・スオー』とカタカナ御発音でも胸の前で合掌すれば、先ずは通じます。これは朝から夜までの万能挨拶語で「こんにちは」と翻訳されることが多いですが、本当は日本語の「初めまして」に近い、または「お久しぶりです」といった改まった挨拶語です。
これが終われば、次の日に訪ねて行って、同じ挨拶語を言う現地の人はまずいません。
ホテルなどで朝会う従業員に「チョムリアップ・スオー」は滑稽です。ならば「Good Morning」のほうがスマートです。当地に住んでいるとカンボジアとは挨拶の少ない国だ、思ってしまいます。一度知り合いになると、我が家にぬーと入ってきて、ぬーと消えてゆくことが多々あります。
そのため、「おい、一言、言えや」とムッとすることもあります。元々、隣近所の付き合いしかない農民が圧倒的に多いのですから訪ねる人も訪ねてくる人も、そして会う人も小さい頃から知っているという間柄なので、挨拶無用なのでしょう。
 でも挨拶もなく黙って会えないよねーという人に便利な言葉がという人に便利な言葉があります。
スオスダイ、これは、二度目以降に会う人への挨拶としては、まず万能に近いです。知人、友人ならば「やあ」に近いし、よほどのお偉いさんでなければ、「こんにちは」になります。そして時間を選びません。
                                 カンボジア・竹と風の学校:校長 
                                 現地発行旅行誌D.A.C.マガジン:編集長
                                     安 齊 恭 夫
                                   (現地在住:2002年~)
*「カンボジア・竹と風の学校」については、ネットで検索し新聞記事をご参照。
クメールの微笑み(アンコールトム・バイヨン寺院)
image005.jpg
あいさつ:カンボジア・竹と風の学校
image008.gif

オートギャラクシーとは
  • バス、マイクロバス、ミニバスのことならおまかせ下さい。海外にもユーザーさまがいるこの道40年の専門店です。
MAP
  • 本社:
    東京都東村山市栄町2-30-2
    京やビル202
  • TEL:042-396-8118
  • FAX:042-396-5828

  • 中古車展示場:
    埼玉県新座市中野2-4-47

  • E-MAIL:inof@autogalaxy.co.jp
  • URL:http://www.autogalaxy.co.jp
▲TOPへ戻る