Auto GalaxyGood quality of used Japanese buses,
LPG vehicles and driving school vehicles

ジャカルタの「Q!映画祭」

      ★★★★★~「Q!映画祭」に関連するデモについて~★★★★★
9月25日付じゃかるた新聞においても報じられておりますとおり、9月24日(金)から10月3日(日)までの間ジャカルタにおいて「Q!映画祭」(主催者はインドネシアの団体)が開催されます。
同映画祭に関連し、FPI(イスラム擁護戦線)による映画上映に対する抗議行動が下記上映場所で 予定されていますので、お知らせします。
日本文化センター(国際交流基金、スミットマス・ビル)フランス文化センター(メンテン)ドイツ文化センター(メンテン)オランダ文化センター(クニンガン)デモ等に遭遇した際には速やかにその場を離れるなど、安全確保に十分ご注意願います。
また、デモに伴い、関係場所の周辺道路に渋滞が発生する可能性がありますので留意ください。
   在ジャカルタ日本国総領事館 
   TEL 021-3192-4308
   FAX 021-315-7156
   大使館ホームページ http://www.id.emb-japan.go.jp/index_jp.html              

ミャンマー雑記 Part 6

                      ミャンマー雑記 Part 6
ミャンマー雑記5_640
これはお米屋さん。ミャンマーの主食は米。このクニではコメは二毛作である。輸出産業の花形で年間100万トンも輸出しているという。品種はインディカ米、要するに外米。日本のコメと比べると、ごはんに輝きがないし、粘りもない。味も落ちる。箸にかからないからスプーンで食べることになる。田舎では右手3本の指を使って食べている。この風習はインド、ネパールでも同じだ。
食べ方はカレーで食べるのが一般的。私はカレーの香辛料が苦手なので、チャーハンか中華飯にしたものを食べていた。これなら結構いける。
日本と同じように等級がある。やはり味が違う。写真にあるのはその等級ごとに別けてあるもの。
昔の日本と同じようにマス目で売る。気になるのは値段だが、昨年までは、おおよそ日本の1/8ぐらいの値段ぐらいであった。が、今年になってインフレが進行し、一ヶ月ごとに値上がりしている。私の友人は、等級を落したものを買わざるを得ないとこぼしていた。約60kgで10,000チャットというから日本円にして1,000円というところか。
ヤンゴンでは一番美味しいのはシャン州(ミャンマーの東北部の山岳丘陵地帯)でとれたコメだというのだが、シャン州に旅したときは、そこの住人は逆に河口のデルタ地帯のコメが一番だと言っていた。

タイとカンボジア・・・ビミョ~な関係!?

タイ国旗2  タイとカンボジアって仲良いの~?   カンボジア国旗
    タイ国旗                                    カンボジア国旗
タイとカンボジアは現在も色々な問題でギクシャクしています。
というわけではありませんが、タイ、カンボジアの国境の写真をお送りいたします。
  タイボイペッド国境にてタイ写真-1_640
カンボジア側から見た国境の緩衝地区に立つクメールスタイルの門。       前方赤い屋根の建物にはタイイミグレーション。 
タイ写真-2_640
緩衝地域からタ側を見る。
左側赤い上着の男性の後ろにカンボジアの国旗。

タイ写真-3_640
以前はカンボジアのほうがタイよりはるかに力もあり文化も進んでいました。
タイの建物のデザインはカンボジアとそっくりであり、文字もカンボジアの文字を参考にし
タイ風にアレンジして現在使われています。
しかし現在の国力はタイの方がはるかに上で、問題になりません。
指導者の違いでこの様に差が出てきてしまうんですね!
タイ写真-4_640
タイの国旗(左)カンボジアの国旗(右)の中間が国境です。この端の下側は川になっていますが、ゴミの捨て場になっています。

タイ写真-5_640
写真1の反対側からカンボジア側を写したものです。毎朝このようにカンボジア側からタイ側に運ぶ商品、ほとんどが水と果物、若干衣服関係を仕入れに来て帰る。前方のビル群は全てカジノの建物。

タイ写真-6_640
ホテルの中にあるカジノにかかっているアンコルワットの油絵。カジノの内部は綺麗で外部との落差に唖然とします。

タイ写真-7_640
これは4人乗り、前方は9人乗り、ともに電気自動車。ホテルのカジノ送迎用。道路の左右にカジノがありどんどんお金を使う人がいる反面、その前を手押し車で買出しに来る人達の行列を見るにつけ色々と考えさせられてしまいます。

日本でも自分が総理大臣に推してもらったので、今度は“O元幹事長を応援するのが私の大儀”なーんていっていますが、これは個人的な問題でそこには“国のくの字もない”政治家として最低な発言ですね!(苦笑)
このような低級な一挙一動を外国の国、政治家は冷めた目で見ているということも認識していないんでしょうね!!
民主党代表選挙
これからの日本の行く末が案じられます。
                  タイより  鈴木

ジャカルタよりデング熱と狂犬病について

                   在ジャカルタ日本国総領事館   1インドネシア国章
            ◆デング熱及び狂犬病に関する対策を心がけましょう!
 ★★★★~バリ島へ旅行される皆様へ(デング熱及び狂犬病に関する注意)~★★★★
インドネシアでは今週からイドゥルフィトゥリ(レバラン)の休暇に入るため、バリ島へ渡航される
邦人の方も多いことが予想されますが、渡航される際には海外安全ホームページ
(http://www.pubanzen.mofa.go.jp/info/info4.asp?id=002#header)で種々の情報を確認するほか、
以下の点にも御留意ください。
1.デング熱
インドネシアの風土病の一つであり、従来からバリ島を含むインドネシア全域で患者が確認されています。
バリ島では今年になって患者数が増加傾向にあり、既に例年の年間患者数(約6千人前後)を上回っています。
デング熱は季節によって患者数の増減はありますが通年発生が確認されています。
現在はワクチンも治療薬もありませんので、バリ島へ渡航される際には蚊に刺されないよう防蚊対策をしっかり行 ってください。
(もちろん、バリ島以外の地域でもデング熱の発生が確認されているので同様の対策が必要です。)
(1)予防方法
  ● デング熱を媒介するネッタイシマカ、ヒトスジシマカ等は古タイヤの溝などのわずかな
    水たまりで繁殖する為、都市部でも多くみられることを念頭に置き、外出する際には
    長袖シャツ・長ズボンなどの着用により肌の露出を少なくし、肌の露出した部分には昆虫忌避剤
    (虫除けスプレー等)を2~3時間おきに塗布する。
 ● 室内においても、電気蚊取り器、蚊取り線香や殺虫剤、蚊帳(かや)等を効果的に使用する。
 ● 規則正しい生活と十分な睡眠、栄養をとることで抵抗力をつける。
 ● 突然の高熱や頭痛、関節痛や筋肉痛、発疹等が現れた場合には、デング熱を疑って、
    直ちに専門医の診断を受ける。
(2)参考
 デング熱の原因はウイルスで、蚊(ネッタイシマカ、ヒトスジシマカ)に刺されて感染します。
  これらは早朝や夕方に活発(夜間に刺された事例もあります)で、屋外より家屋内で
  刺されるケースが多いようです。
 典型的な症状としては、倦怠感、発熱、関節痛、頭痛、目の奥の痛みなどで、38度程度の熱が数日続き、
  その後発疹が出現します。一段落してからも数週間は肝機能障害や倦怠感が続きます。
  重症度は様々で、風邪程度で済むケースもあります。
2.狂犬病
バリ島では2008年11月に初めての患者が確認されて以降、現在でも引き続き
 発生しており、これまでバリ島における狂犬病での死亡者は70人を超えています。
 インドネシア政府やバリ州政府もバリ州における狂犬病撲滅のため、犬へのワクチン接種、野良犬の捕獲、
 ヒト用ワクチンの準備な どの対策を行っています。
狂犬病は犬だけでなく猫やイタチ等の他の哺乳動物からも感染する可能性があるため、
 犬や猫などにむやみに手を出さないよう注意し、もし狂犬病のおそれのある動物に咬まれてしまった場合には、
 速やかに医療機関で受診して適切なワクチンを接種してください。
 (もちろん、バリ島以外の地域でも狂犬病が発生し、死亡者も確認されているので同様の対策が必要です。)
○参考
狂犬病~もし、咬まれたらすぐに医療機関へ(2010年3月)
http://www.pubanzen.mofa.go.jp/info/info.asp?num=2010C070
                 在ジャカルタ日本国総領事館
                    TEL 021-3192-4308
                    FAX 021-315-7156
      大使館ホームページ http://www.id.emb-japan.go.jp/index_jp.html

オートギャラクシーとは
  • バス、マイクロバス、ミニバスのことならおまかせ下さい。海外にもユーザーさまがいるこの道40年の専門店です。
MAP
  • 本社:
    東京都東村山市栄町2-30-2
    京やビル202
  • TEL:042-396-8118
  • FAX:042-396-5828

  • 中古車展示場:
    埼玉県新座市中野2-4-47

  • E-MAIL:inof@autogalaxy.co.jp
  • URL:http://www.autogalaxy.co.jp
▲TOPへ戻る