Auto GalaxyGood quality of used Japanese buses,
LPG vehicles and driving school vehicles

頑張れ! 岡田外務大臣!!

☆岡田外務大臣のインドネシア訪問
 10月6日、松下経済産業副大臣がハッサン外務大臣(当時)と会談し、パダン沖地震のお見舞い等の内容を盛り込んだ鳩山総理の親書を手交したのに続き、10月13日から14日まで、岡田外務大臣がインドネシアを訪問し、13日にユドヨノ大統領、ハッサン外務大臣(当時)及びスリ・ムルヤニ財務大臣との会談等を行い、14日は、地震被災地である西スマトラ州パダン市及びその周辺地域のほか、同地域における我が国の支援活動等を視察しました。
 詳しくはこちらをご覧下さい。
 http://www.mofa.go.jp/mofaj/kaidan/g_okada/capi_09/indonesia_gai.html>
☆.西スマトラ州パダン沖地震災害に対する緊急援助
 9月30日に発生した西スマトラ州パダン沖地震に対して、日本政府から国際緊急援助隊の派遣と緊急援助物資の供与を行いました。国際緊急援助隊は救助チーム65名(救助犬3頭)、医療チーム23名、自衛隊部隊24名が被災地で活動を行いました。緊急援助隊は10月2日に現地入りし、他国に先駆けて救助活動と医療活動を開始しました。医療活動は緊急援助隊医療チーム、自衛隊医療部隊を合わせて、のべ約2,400名の患者を診察しました。緊急援助物資はテント100張、毛布1,500枚、発電機80台等2,500万円相当を西スマトラ州政府に対し供与しました。
☆.第1回ジャカルタ日本祭り
 第1回ジャカルタ日本祭りが、10月3日から11日までの間、ジャカルタ各所において、多くの日本とインドネシア双方の市民が参加して開催されました。約1週間の間に30もの行事が行われ、11日のモナスでのフィナーレでは、ファウジ・ボオ・ジャカルタ州知事など3万人近い人々が集い、モナスを背景に、日本とインドネシアの市民が一体となって、神輿を担ぎ、盆踊りを踊り、両国の永遠の友好の第一歩を飾るにふさわしいイベントとなりました。
 この日本祭りを日本とインドネシアの絆の象徴となるよう、来年以降もジャカルタ市民のみならず、多くのインドネシア人から愛される毎年の恒例行事に定着させていく予定です。
 11月7日(土)15:30-16:00(西部インドネシア時間)、メトロTVにおいて、ジャカルタ日本祭りの模様が放送される予定(インドネシア語番組)ですので、皆様是非ご覧下さい。
☆.2009年10月渡日国費留学生壮行会
 日本政府国費留学生として104名のインドネシア人学生が10月初旬に日本に向けて出発しました。10月1日、日本大使館においてこれら留学生の壮行会を行い、塩尻大使が留学生たちを激励しました。
☆.東ヌサ・トゥンガラ州におけるマラリア感染予防のための蚊帳引き渡し式
 10月16日、東ヌサ・トゥンガラ州シッカ県において、我が国の草の根・人間の安全保障無償資金協力(東ヌサ・トゥンガラ州シッカ県におけるマラリア予防・抑制計画)を通じたマラリア感染予防のための蚊帳の引渡し式が行われました。今次、引き渡されたものは、住友化学株式会社製の「オリセットネット」という殺虫効果のある蚊帳でマラリア対策として世界的にも効果が実証されているものです。主に地域の保健所や妊婦・乳幼児のいる家庭を中心に3,900張配布される予定です。
 当該計画は、インドネシアNGO・バングン・インドネシア財団を通じて行っている活動であり、シッカ県におけるマラリア予防・抑制のため、住民への啓蒙教育、蚊帳の配布、現地保健関係機関や住民とのセミナー・ワークショップの開催を実施していくものです。本協力により、地域住民のマラリアへの羅患状況、保健衛生状況が改善されることが期待されます。
 詳しくはこちらをご覧下さい。
 http://www.id.emb-japan.go.jp/news09_39j.html
 中古マイクロバスの事なら(株)オートギャラクシーへ
        HP://www.autogalaxy.co.jp/

園田さんからの便り・・・ロンドンにて

                   園田さんリポート
水江さん
先日、ロンドンに出張で行きました。
出張中はハードなスケジュールでしたが、朝方、Hyde Parkを散歩した際に撮った写真を送らせて頂きます。
宿泊場所がPaddington(Heathrow Expressの発着駅)だったため、Hyde Parkまでは歩いて5分程度でした。
園田君写真有難う、相変わらずハードに動いているようですね?
時差、温度差もある事です身体には充分気をつけて下さい。

ロンドン1  ロンドン4
タワーブリッジ
ゆっくりとロンドンを流れるテームズ川、昔は世界一交通量の多い川だったそうですね?
工場からの排水やふん尿で臭いがひどかったとか?
しかし今は世界で最もきれいな川になったとか?
水は海水と混じり少し黒い色をしているらしいですね?
ロンドン名物のタワーブリッジ・・・夜はライトアップされてきれいだとか?

公園内には、Serpentineという池があり、ダイアナ元皇太子妃の泉があります。
ロンドン市内に広がる大きな公園で、早朝にも関わらず、ジョギングをしている人や散歩をしている人、サイクリングをしている人がいました。
ニューヨークのセントラルパークと並んで都市型公園ですね?
この公園、王立?そんな公園があるんですね?

ロンドン2 ダイアナ噴水 ダイアナ噴水2
サーベンタインレイクのダイアナ噴水
世界各国を精力的に訪問され国際親善に尽くされダイアナフィバーを起こした美しい皇太子妃。
皇室スキャンダルに見舞われパパラッチに追われ36歳で無くなった。・・・
色々な噂や情報が流されていますが?安らかにお休み下さい。・・・

ロンドン5  ロンドン3
私も出張期間中の息抜きとして1時間ほど散歩をしました。
Paddington駅周辺を走るロンドンバスの写真もあわせて送ります。
                                                園田 俊介
ロンドンの2階建てバス
これは目立ちますね?
日本でも何台か輸入されて、浅草、上野、銀座を酒、食事付きで観光に利用されているようです。
他にも40年以上経ったロンドンバスを輸入し、喫茶店、休憩所ホットドック屋、ラーメン屋等に利用されているようです。
真っ赤で2階建てボディーだから看板を入れると余計に目立ちますね?
電車とともに都市交通を支えたバス、近々環境等を考え廃止に成るとも聞いていますが?

                                          
いつも情報を有難う、又何か有ったら宜しくお願いします。                                        
                                            水江
 中古マイクロバスの事なら(株)オートギャラクシーへ
        HP://www.autogalaxy.co.jp/

懐かしきかな・・・タイの朝市

                   ザ・タイの朝市に寄せて
鈴木君、久々のタイの情報有難う。
現在日本でも各地いたるところで町おこしを目指し朝市が増えている様です。
中には観光バスを仕立てて乗り込み、買った魚代全部でで10万円だとか15万円だとか??かと思えば飛行機で小樽に入りそこから全国の知人に御歳暮の直接配達?・・・合計数十万円??
何処か違うよね?・・・地元のお婆ちゃんの手作りのおしんこが一本欲しいんだよね?・・・朝市で・・・
゛タイの朝市”確かに熱気があるよね?テンポの速い現地語でポンポンポン(このキャベツ 今朝取れた新鮮で安いよ!)・・・買い手もそれに併せてポンポンポン(高いから少し安くしなさいよ!・・多分)
そして我々余り見かけない最小単位のタイバーツ(コイン)でのやり取り。
タイ朝市_640 タイ朝市 002_640 タイ朝市 001_640
 
僕もビジネスで一人でタイに旅行中このような輪に入った事がありました。
通常バンコックを訪問する時、日本円とUS$しか必要を感じない為、タイバーツの交換は余りしないのです。
・・・今まではそれで充分賄えたから・・・
しかしこの日は違いました。
朝の散歩でいつものようにプラプラ歩いていると。日本で高級とされているトロピカルフルーツ・・・マンゴスティン、ロンガン、タマリンド、ライチ、等など、それも大きなザル籠に雑然と山盛り・・・こりゃ美味そう・・・
さあ交渉だ!言葉はいらない、5本の指と目で訴える目力!熱烈交渉の末、確かに安くさせる事は出来た様だが・・・?
しかし、タイバーツでの支払いの単位が全く判らない?
手元にUS$10、US$20紙幣が数枚・・・当然相手もUS$のつり銭など有る筈が無い。
同業者が何人か集まってきて仕方なく相手の要求されるまま支払いました。・・・帰りには物凄いフルーツの量でした。
地元で貰った大きなビニール袋に入れて貰い、それを背負ってホテルへ帰り着きました。
当然一人でそんなに沢山食べられるはずなど有りません。
出発前のホテルのロビーでたむろしていた”日本人のおばさんたち”と、くしくも目が合いました。
さあ大変!゛この実は甘いんだよね?”この実はこうやってむいて食べるのよね””この実は私大好きなの!”
・・・そんなの知らないよ!元気な日本人のおばさん達に殆ど持って行かれました。
そのときに貰ったおつりのタイバーツ、今でも日本の事務所の机に入っています。
日本へ色々なフルーツが輸入される中でそれぞれの原産地でまだ青いうち?または白いうちに刈り取られ、途中の船の中で熟し日本人の口に入るわけですが、現地で完全に熟したフルーツをすぐ頂ける贅沢はやはり現地で無いと味わえないですよね?
タイ(マンゴウ)_640  タイ(マンゴステリン果樹園)_640  タイ(ロンガン農園)
  
 中古マイクロバスの事なら(株)オートギャラクシーへ
        HP://www.autogalaxy.co.jp/

ミャンマー雑記・Part 3

                 ミャンマー雑記 その3
image001_20091016114736.jpg
ヤンゴンの公共交通機関はバスと汽車。汽車は国営であるが地方と結ぶ線と環状線があるのみ。
便利なのはバス。バス路線と料金設定の権限は政府にあるが、運行するのは民間会社。料金はヤンゴン市内では距離に関係なく40チャット(約4円)。
 バスは普通の乗り合いバスから写真のような軽トラックの荷台を改修したものまで様々。が、すべて日本の中古車。乗り合いバスは日本で使っていた会社の名前がそのまま車体に残っている。神奈川中央バスとか  西武バスとか・・。車内の案内文字も残っている。降車用の押しボタンや非常口の表示は日本語そのまま。  但し、車は右側通行なので乗り降りのドアは左側に改修してある。軽トラック改修のバスは車の後ろら乗り降りする。
 バスはどれもいつも満員。日本のバス会社の人が見たら羨ましがる風景だ。
道路にはバス停の表示はない。もちろん時刻表もない。乗り合いバスにはどこ行きの何番線という表示があるが、軽トラックにはそれもない。バスが止まると車掌が降りてきて、早口に「どこどこ行き」と大声でわめきちらす。
だから、バスに乗るには、ミャンマー語の分かる人と一緒に乗ることをお勧めする。
 軽トラックバスは雨が降ると巻き上げてあるビニールシートを下ろす。それは乗客がやる。
 ここでも石油値上がりの影響が出ている。プロパンガスエンジンに換える動きがあるが、それには費用が  かさむ。それがまたバス運賃の値上げになるというのだ。
 中古マイクロバスの事なら(株)オートギャラクシーへ
        HP://www.autogalaxy.co.jp/

ザ ・ タイの朝市!!

         タイ雑感・・・エネルギッシュな朝市  
タイでは人の集まるところには、必ずといっていいほど周辺に各種露店(屋台)が早朝から並び、食肉(牛、豚、魚)、果物、野菜、etc・・・の屋台が出現。
日本では歩道は、歩行者、自転車が通る所と相場は決まっているが、タイでは露店が商売をする所
の感じで歩行者不在でおかまいなく歩けないほどに占有してる。
都会の朝市B_640  都会の朝市C_640  田舎の朝市3_640
     
              都会の朝市
この露店も道路側や、開店前の店舗前に出現する。
店舗前の露店は店に何%か払っているようで、貸し手は少しの場所でも有効活用してしぶとく収入を得ている。一度朝市を体験すると非常に値段も安く新鮮なものばかりで、生鮮食品、野菜、果物類は露店でということになる。
田舎の朝市_640    田舎の朝市6_640
                田舎の朝市
地下鉄の駅前にも最近は昼食用の弁当売りの簡易露店が出現!!!
日本でも都心のオフィス街にお弁当販売の車が出ていた事を思い出した。 
国を問わず考える事はみな同じなのかも・・・・・
一般店舗も昼食時には人々が三々五々集まってきて活況を呈し、露店でもきれいな制服を着た女性
たちが屋外の排気ガスや騒音の中で何の懸念もなく楽しそうに食事やデートをしている光景が日常的。
日本人から見るとどうしてこんなところでデートや食事ができるのかびっくりするが・・・
でも、しばらくこの光景に接していると、この雑然とした雰囲気や匂いがタイの文化のひとつなんだなーと実感もし、タイ人のバイタリーティーに驚くばかりでこの光景からやる気を貰っている自分に気づき逆に幸せを感じる。
日本では同じ種類の店は自粛して隣り合ってなど営業しないが、タイではいっさいお構いなしでなんでもありである。
これはタイの文化の一部でもあり行き着くところはDNAが違うからという事になる。
35度を越す日中は人通りもなく閑散としていた街も、涼しくなる夕方(でも日本の真夏)からは夜の屋台やマーケットが出現!! とたんににぎやかになる。
何処からともなく串焼き肉の匂と共にだんだんと人が街角に現れてくるこの雰囲気がとても好きで夕方の街角探索も毎回新しい発見があって非常に楽しい。
タイの朝市2_640   タイの朝市他_640
この雰囲気の中にいると、たまに日本に帰ると町並みが整然としておりとてもきれいで静かでなーんか寂しいなーという感じでつまらない。
  
                                              タイにて  鈴木
 中古マイクロバスの事なら(株)オートギャラクシーへ
        HP://www.autogalaxy.co.jp/

海外中古車サイトのi3DESIGN さんからケニヤ情報を頂きました!!

  ケニヤ国旗   ケニヤの車事情とは・・・  ケニヤ国章
日本の中古車の海外向けサイトに全エネルギーを費やしている“アイスリーデザイン”からケニヤの最近情報を頂きました。
同社は昨年暮れナイロビに拠点を構え、現地有力バイヤーの掘り起こしをし、我々サプライヤーに情報提供してくれている強力なパートナーです。
   アイスリーデザインHP : http://www.findjapancars.com
写真は首都ナイロビから250KM~300KMでアンボセリ国立公園、ナクル湖国立公園が有ります。
大きさは何と大阪府くらいの広さなのです。
その中を我々が輸出した鉄格子のついたキャラバンに乗って観光に出かけます。
即ち我々が上野動物園で折に入った動物を見るのと逆と考えればわかりやすいと思います。
従って余り悠然としているライオンを見て大人しいと勘違いして車から降りて襲われたニュースも時々有りましたよね?
ケニヤ1_640  DSC_0237_640.jpg  ケニヤ4_640
                 ケニヤの首都ナイロビ
我々の年代は“少年ケニヤ”鉾先の長い槍を持って象にまたがり悪人を懲らしめるイメージですが、写真の通り人口200万人の高層ビルが立ち並ぶ近代的なアフリカのトップ集団なのです。
DSC_0434_640.jpg  ナイロビウ古公園より DSC_0456_640.jpg
                ナイロビの中古車バザール
毎月色々な中古車業者や個人のオーナードライバーがそれぞれ持ち寄って展示、商談をするのです。
車は殆ど日本車(メンテナンスは良いし安心できます)、しかし日本から輸入された車ばかりではなく
ケニヤ国内で乗っていた中古車や、日本以外の国から輸入した日本車・・・これは結構荒れています。
板金はしているがドアーが完全に閉まらない、ボンネットとボディーの色が違う・・・
それでもアフリカ人は明るく陽気であまり気にしていないようである。
゛ジャンボサーナ”御元気ですか? “ハバリヤコ”あなたのニュースは?などと言って・・・
bazaar_640.jpg  6_640.jpg  ケニヤ7_640
 中古マイクロバスの事なら(株)オートギャラクシーへ
        HP://www.autogalaxy.co.jp/

オートギャラクシーとは
  • バス、マイクロバス、ミニバスのことならおまかせ下さい。海外にもユーザーさまがいるこの道40年の専門店です。
MAP
  • 本社:
    東京都東村山市栄町2-30-2
    京やビル202
  • TEL:042-396-8118
  • FAX:042-396-5828

  • 中古車展示場:
    埼玉県新座市中野2-4-47

  • E-MAIL:inof@autogalaxy.co.jp
  • URL:http://www.autogalaxy.co.jp
▲TOPへ戻る