Auto GalaxyGood quality of used Japanese buses,
LPG vehicles and driving school vehicles

われらが仲間、園田君が朝日新聞の取材を受けました!!

    われらが仲間、園田君が朝日新聞の取材を受けました。
 先日、朝日新聞の取材を受け、WEB上に記事が掲載されましたので、ご紹介させて頂きます。
         http://www.asahi.com/ad/clients/jica/junior03.html
 
                                                園田 俊介
現在パナソニックで世界中を飛び回っている園田君、“青年海外協力隊”に参加した2年間のアフリカ・ザンビアでの現地青少年への熱い思いが伝わってきます。
                                                    水江
      中古マイクロバスの事なら(株)オートギャラクシーへ
        HP://www.autogalaxy.co.jp/

インドネシアのテロについて

在ジャカルタ日本領事館より情報を頂きました。    
★★★★★~ヌルディン・トップと思われる者の死亡について~★★★★★
1 9月17日、国家警察は、9月16日夜から17日朝にかけて、中部ジャワ州ソロにおいて、テロ関係者のアジトと見られる住居を急襲し、過去にインドネシアで発生した爆弾テロの被疑者で、インドネシア警察が、これまで、総力をあげて所在を追及してきたヌルディン・トップを射殺した旨発表しまた。発表の詳細は次の通りです。
    (1)本件の急襲により4名のテロ関係者が死亡した。
    (2)体に巻き付けていた爆弾が爆発するなどしたため、身元の確認に困難を極めた者もいたが、指紋の照合等により、以下の4名の指名手配被疑者であることが確認できた。
   ●ハディ・スシロ(HadiSusilo)本件住宅の所有者
   ●ウルワ(Urwah)
   ●アジ(Aji)
   ●ヌルディン・トップ(NoordinMTop)
2 警察では、射殺された被疑者の本人確認のため、さらにDNA検査を行うとしておりますが、今回の射殺を契機として、今なお逃亡中のジェマ・イスラミア関係者や同人の考えに同調する者が、報復のためのテロを敢行する可能性も否定はできません。
3 こうした事情を踏まえ、インドネシアに渡航・滞在されている方は、不測の事態に巻き込まれないよう、引き続き、最新の関連情報の収集に努めてください。
以上、9月17日におきましたインドネシアのテロについての報告でした。

インドネシアの地震について

9月3日在ジャカルタ日本領事館より情報を頂きました。
  ★★★★★~西ジャワ州タシックマラヤ市沖地震について~★★★★★
本日14:55(ジャカルタ時間)に発生した標記地震に関し、現在までに得られた各種情報を取りまとめたところ以下の通りです。
1.国家防災庁によると、各所において土砂崩れや建物の損壊が起こっているものの、被害規模は不明です。土砂崩れでは住宅が巻き込まれ死者が出ており、社会省によると、現時点で32名死亡とのことです。
2.また被害状況及びインドネシア政府の対策につき、以下の通り報じられています。
(1)被害状況
・チアンジャールでは土砂崩れで12軒の建物が巻き込まれ、10人が死亡。その他、38軒が深刻な被害を受けている。
・ガルトでは4軒の建物が全壊。
・バンドンでは10軒の建物が崩壊。
(2)対策
・国家防災庁緊急対策チーム、社会省、保健省は大テント10個、中テント20個、家族用テント25個、携帯用テント250個、台所用品100式、大人服100着、子供 服100着、ファミリーキッド100個、毛布250枚、ござ250枚
を被災地に運搬、配布。
・BASARNAS(捜索救助庁)が救助隊2チームを準備。
以上、インドネシアの地震についてのご報告でした。

タイの車事情は・・・

タイ
タイ!! 感じるままに
タイの自動車は乗用車、商業車に限らずほとんど現地生産です。
日本の乗用車メーカーはほとんど参加しており、市内を走っている車の
90%以上が日本車が占めている感じです。
30年前の状況を知っているものにとっては、想像もできないほどの車社会になっています。
ちなみに30年前はどんな車が走っていた記憶がさだかではないのですが、
日本車では日産とトヨタが両雄で市場を占有していた記憶があります。
タクシーなどは日本と年代が同じものが走っていたわけでなく、
さらに10年はさかのぼった車が走っていました。
タクシーなども床に穴があいていたり、
座席にへこんでいて必ずそこにお尻が収まってしまうような車でした。
現在のタクシーは現地生産の最新型が走っておりカラーも多種多様で
これもタイの国民性かなとも思っています。
タイでは、車は運搬手段ではなくステイタスのひとつになっており
現在でもお金持ちはベンツ、BMWを好んで乗ります。
しかし日本と違い排気量は2000CCクラスがほとんどです。
ボルボも一時良く目にしましたが数年くらい前から、
人気がなくなりほとんど見かけなくなりました。
(ボルボも中国企業がGMから買ったとか)
一般の人々はほとんど日本車に乗っており、トヨタ、ホンダが人気が高く
トヨタは全国何処でも(中古車含む)フォローが充実していることと
タイ人の好きな有名大メーカだからということで人気があります。
ホンダは同排気量の車に比べて車格が上に見られるとのことや
デザインが好まれていることで人気があります。
ホンダのフィットはジャズという名前で売られておりトヨタのヤリスと共に人気があります。
しかし、日産車はほとんど街中で姿を見ません。
たまにセフィーロ、ティアナを見かけるくらいです。
以前の日産を知るものにとってこの凋落振りは驚くばかりですね。
タイでの車の使用期間は最低でも10年間は使用します。
大体一般ユーザーは私の知っている人は皆200,000KMをラクに超えていて
日本車の品質のすばらしさを改めて感じています。
しかし、先日(6月23日)発表された5月の自動車生産台数は、
前年同月比で50.9%減の6万1752台。
乗用車が41.7%の6万1752台、1トンピックアップトラックが54・8%減の3万9491台です。
このような状態なので、タイでも世界的な影響ですべての会社が生産調整やリストラで
タイ経済も低迷しています。
商用車の落ち込みが激しいという事が、景気の悪さを表していますね!
タイより  N・S

オートギャラクシーとは
  • バス、マイクロバス、ミニバスのことならおまかせ下さい。海外にもユーザーさまがいるこの道40年の専門店です。
MAP
  • 本社:
    東京都東村山市栄町2-30-2
    京やビル202
  • TEL:042-396-8118
  • FAX:042-396-5828

  • 中古車展示場:
    埼玉県新座市中野2-4-47

  • E-MAIL:inof@autogalaxy.co.jp
  • URL:http://www.autogalaxy.co.jp
▲TOPへ戻る