Auto GalaxyGood quality of used Japanese buses,
LPG vehicles and driving school vehicles

JICAレポート~水泳でメダルを目指した園田君より~

水泳でメダルを目指した園田君から
            「先日、JICAの取材を受けJICAの広報誌に掲載されました。」
サポーター宣言 私たちは「現職参加」を応援します
パナソニック株式会社
園田 俊介さん(H17年度 1次隊/ザンビア/水泳)
園田
「パナソニック」は、「松下電器産業」からの社名変更を機に、さらなるグローバル企業への道を歩み始めている。個人としてのグローバル化の第1歩を、現職参加で踏み出した園田俊介さんにお話を伺った。
初志貫徹。それは協力隊員としても一社会人としても重要なこと。
「世界を舞台に活躍したい」。10代で多数の国際水泳大会に出場し、オリンピック出場も視野に入れていた園田さんにとって、こうした考えは自然のことだった。大学進学後、図らずも腰を痛め、水泳選手としてのオリンピック参加は断念。しかし、活躍の場を世界に求める志が揺らぐことはなかった。
「就職先にパナソニック(当時:松下電器(株))を選んだ際、提出した書類の『入社動機』の欄にも『グローバルな舞台で仕事がしたいため』と書きました」と、園田さんは当時を振り返る。しかし、入社後は、国内の営業およびマーケティングの担当に。瞬く間に7年の月日が流れ、30歳を目前に、協力隊への参加を「海外に出るチャンスの選択肢」として考えるようになった。
参加動機は明確だった。「将来的にグローバルな市場で活躍をするためのステップになる」、「発展途上国での生活は、あらゆる意味で視野を広げてくれる」、「幼少から大学卒業までに築いてきた競泳のノウハウを、発展途上国の子どもに役立てたい」。同時に、ボランティア参加に対して、会社が理解を示してくれる自信もあった。同社には、創業者である松下幸之助氏の「企業は社会の公器」・「ものをつくる前に人をつくる」との理念があるためだ。園田さんの申し出に、当時の上司も同僚も、最初こそ驚いた様子だったが、最終的には納得の上で現職参加を認め、皆気持ちよく送り出してくれたという。
入社8年目の2005年7月、園田さんはザンビア北部に位置するムフリラに、水泳指導員として着任し、5歳から18歳までの子ども達を対象に指導を開始した。当初は、選手達の遅刻や欠席に苦労したが、練習熱心な選手を優先的に大会へ出場させるなどして、「努力は必ず報われる」という意識を育てた。園田さんの活動は水泳指導にとどまらず、各種大会への参加資金や、練習用プールの浄化装置の資金を捻出するために、地元企業に掛け合ったりもした。そうした園田さんの熱意は、白人系ザンビア選手とアフリカ系ザンビア選手の間にあった隔たりを少しずつ埋めた。それぞれが、同じ「選手」として共に練習に励むようになった。2006年の世界水泳には5人の選手が参加。園田さんはザンビア代表コーチとして同行した。入賞には遠いが、それ以上のものを選手達は学んだと園田さんは話す。
現職参加後に配属となった「F1・オリンピック推進室」のあるフロアにて 園田2
帰国後、園田さんが配属された部署は、くしくも「コーポレートコミュニケーション本部 ブランドプロモーショングループ F1・オリンピック推進室」。その名のごとく、オリンピックに携わる部署だ。園田さんは今、まさしく「世界」を舞台に忙しい毎日を送っている。「現職参加を認め、現地での活動を評価し、復職の場所に『世界』を準備してくれた会社には感謝の一言に尽きる」と、園田さん。明確な目標・目的をもって、一つのことにたゆまぬ努力を続けていくことの意義を、協力隊員としても、一社会人としても、園田さんは教えてくれている。
上司からの一言
布谷 彰さん
園田3
コーポレートコミュニケーション本部
ブランドプロモーショングループ
F1・オリンピック推進室 室長
組織や現場が、現職参加をサポートしたいと思えるか否かは、本人がどれだけ強い意志を持っているかどうかだと思います。園田君の熱意、リーダーシップ、そして目標達成力は、協力隊参加前からのものでしょう。ただ、海外での経験は、その人間の「地」の部分を伸ばすものと私は考えます。したがって、ザンビアでの様々な経験が、園田君の長所をさらに強化したであろうことは想像に難くなく、本人の人生をより豊かなものにしていると思います。また、このように、成長した人材が復職することは、現場にとっても大きな財産です。
             JICAレポート有難う御座いました。
園田君、JICAレポートに取り上げられてましたね?
弊社とは数年前からザンビアで自動車を通じて園田君と知り合い色々なアイデア、情報など非常にチカラをもらっています。
君の情熱、行動力、アイデアは正にJICAレポートのとうりですね?
今更のように君と知り合えた事がほこりに思われます。
それに知らなかったが世界の”パナソニック”の、配属事業部は良く判らないがオリンピックを冠しているから、水泳に名をはせた君にぴったりの部署ではないかと思われます。
時々メールでバンクーバーとかロンドンとか北京からと連絡をもらって、コイツ何かをやっているな?とは思っていましたが、そうゆう部署だったんですね?
写真から上司も厳しいが面倒見が良さそうだし・・・・・
スポーツを中心に世界を相手にする君の仕事にはピッタだと思う。
健康には充分気をつけて頑張ってくれ!
ああ、それから飛び回っている中で自動車について面白い情報があれば又写真とメール頼む。
                                          
                                            水江

オートギャラクシーとは
  • バス、マイクロバス、ミニバスのことならおまかせ下さい。海外にもユーザーさまがいるこの道40年の専門店です。
MAP
  • 本社:
    東京都東村山市栄町2-30-2
    京やビル202
  • TEL:042-396-8118
  • FAX:042-396-5828

  • 中古車展示場:
    埼玉県新座市中野2-4-47

  • E-MAIL:info@autogalaxy.co.jp
  • URL:http://www.autogalaxy.co.jp
▲TOPへ戻る