Auto GalaxyGood quality of used Japanese buses,
LPG vehicles and driving school vehicles

ミャンマー雑記 Part10

          ミャンマー雑記 Part10
image002_20130118165438.jpg
 昨年の夏、中国との国境近くまで旅をした。村のホテル?にはシャワーもなく、家の外で水をかぶって汗を流す。電話は近くの町まで行かないとヤンゴンとは通じない。中国とは通じるがこれは政府から禁止されている。テレビはもちろんラジオもない。
ミャンマーと中国とタイとの国境地帯はゴールデントライアングルといって麻薬の一大生産地になっている。麻薬栽培はこの地方の最大の産業であり、貴重な現金収入源となっているし、反政府勢力の資金源にもなっている。
 日本政府のJICA(日本国際協力機構)は、麻薬撲滅の一環として麻薬に代わる産業を起こすべく、「お茶とソバを作って日本へ輸出する」というプロジェクトを立てた。 が、これは見事に失敗した。
 この付近の住人はもちろん複数の山岳少数民族である。この写真の可愛い少女たちはカチン族という。 彼女らはレストランで働いており、コメに混じっている雑物を取り除いている。ほっぺたに塗っている白いものは、ゴミではない。ミャンマー独特の化粧法。主食はコメ。彼らは3本の指を使って食べる。
お客には、箸かスプーン・フォークを出す。食べ物には違和感はない。ヤンゴンの料理ほどの香辛料は使っていない。
残りの人生、何もかも捨てて老後をのんびり暮らすにはもってこいの地かもしれないと思った。
決して快適な旅とはいえなかったが、彼女らの澄んだ瞳を見ると何かホッとするものを感じた。

大国インドネシアの素描 Part2

      大国インドネシアの素描 Part2
3.気になるインドネシアの異文化 
人口の90%を占めるイスラム教徒、残り10%は、ヒンヅウ及び仏教徒により構成されていますが、どの宗教も皆熱心な信者です。
この異なる宗教、言語、風習の文化が国内で錯綜しおりますが、特に大きな違和感は有りません。只、結婚の問題、国内の移民等に、カスト等が大きく影を残っています。バリーで、公証事務所を開いている妻の友人が、未だに結婚ができないのです。
インドネシアの結婚式+1
  インドネシアの結婚式
バリーの資産家で名門の家系の方ですが、ヒンズー教徒の結婚相手は、同等の家柄(カスタ)がないと結婚は許されないのです。今でも、地方、都市でも、キング一族の家計が残っていますが、有名なのはジョクジャの王様です。
イスラム教では、男性は7人の妻を娶ることが許されております。
最近都市周延は西洋文化の普及が進み 少なくなっています。しかし農村では男性が、一般的に三人、四人の妻を持っていることは普通です。依然妻の弁護士事務所に、地方から土地の書類を持って相談に来られましたが、驚いた事に同じ土地の登記簿が二通あり、確かに二通共同じ役所から発行されたものでした。
役所の担当者は、余り意にかえさない様子で大らかに、昔の書類で判断も難しいので土地は二人で分けたら良いのでないですかと言うことで、円満に解決しました。
以前にも市内でも土地、家屋の件で紛争が持ち込まれましたが、未だオランダ時代の証書が今でも生いる事に驚きました。
海外で、会社設立、工場の土地、建物を取得される場合は、法的に充分注意することが必要です。法律はオランダ系で、更に、国、地域、宗教、民族等によるカスタムの法律も生きているのです。
4.車は身分の象徴です。
二輪車、車、そして車種によって、その人の身分が評価されます。ここでは走っている車の大半は日本車ですが、多くの高級車も走っています。
庶民の足ベチャ
    庶民の足ベチャ
ジャカルタ南部の最大商業地区のコタ周辺で、時折メモ(ミゼツト)が今でも走っているのを見かけます。
60年代日本から初めて輸出された三輪自動車です。また都市、地方でも20数年前の二輪車が良く走っていますが、ここでは車検は必要がないのです。
交通機関の電車、地下鉄などの整備が遅れていますので、車は通勤、通学、仕事に欠かせない必需品となっています。最近は、農村の家庭でも二輪車、車が二台並んでいるのが見かけられます。
ガンビル駅+1 駅構内+1
        ガンビル駅                駅構内
朝のラッシュ+1
      朝のラッシュ
5.政治が好きな国民 
1998年スハルトの独裁政権が倒れ、1999年4月に44年振りに自由選挙が行はれました。現在は第5代目の、デモクラ黨の頭首のMrスヨノが大統領に就任されています。
国政選挙が一年半後に行われますが、もう事前の選挙運動が始まっています。
選挙は政策論争よりも、知名度が優先されるようです・先日二輪車に多くの若い集団と街で遭遇しました。
選挙運動の集会に参加する為でした。参加者には一人当り叉二輪車は一台当りに、5万ルピア(500円)の日当が出ますので皆ピクニツクに行くつもりで集っていました。
このような、選挙違反は余り問題にもならず、仕事のない若者にとつても良いアルバイトになり喜んでいました。                                
                                         大木
いつも親しくお付き合い頂いているインドネシアに詳しい大木さんからコメントを頂きました。
3回に分けて掲載させて頂いております。
大木様、インドネシアと日本との間を行き来して40年以上、奥様はインドネシア人、可愛い御嬢さん二人、二人とも日本の大学に通っていて日本大好きだそうです。そしてその奥様が現地ジャカルタで法律事務所を開いています。
当然、日本語も理解出来るため現地の事務所では日系企業からの相談が多く高い評価を受けていらっしゃいます。
現在、日本のTV,新聞のマスコミに毎日のようにインドネシアの記事が掲載されています。大手商社の住友商事、丸紅を始め、本田、ダイハツ、ブリジストン、味の素等など日本を代表する企業が積極的に投資されています。
今まではBRICsの5か国にインドネシアを含めたBRIICsの6か国を次の新興国と呼ばれているようです。
天然ガス、天然ゴム,スズ、ニッケル、石炭等の天然資源は豊富だし2億3000万人の人口!一度訪問をして見ては如何ですか?
国民はのんびりしているようですが、中小企業の日本人から見てもビジネスチャンスがそこここに見つけられるのではないでしょうか?

そこでLAW OFFICE
LENI INDRAWATI&ASSOCIATES
TEL:021-33018889
FAX:021-7540890
E-Mail:leni.indrawati@gmail.com

http://www.leniindrawati&ass.com
現地法人の設立、投資の調査、輸出入業務のアシスト、マーケティングの調査等など多岐にわたり日本語の解るスタッフがお手伝いをしてくれます。
                                    水江

アフリカ中古自動車輸出業協会の清水理事が来社!!

アフリカ中古自動車輸出業協会の清水理事が来社!     
コメントを頂きました。
水江様
お世話になります。
ご連絡遅くなり大変失礼しました。
先週よりバングラデシュで視察を行っており、今週木曜日にケニアに移動する予定です。
DSCF3758_640.jpg
        ケニアの夕日
DSCF0715_640.jpgDSCF0840_640.jpgDSCF3756_640.jpg         
               中古車センター                  モンバサ港
以下メールありがとうございます。
ご指摘の通り、貴社の可能性はとても大きなものであると感じております。
アフリカでは、貴社製品の販売活動に尽力させて頂きます。
つたない英語で恐縮ですが、以下コメントをお送り致します。
It is a pressure to meet Mr. Mizue, President of Auto Galaxy.
Mr. Mizue has extensive experiences with African nations for exporting cars.
He understand the potentials of car business in Africa deeply and is willing to contribute his knowledge to JACEA in long term.
JACEA would like to work closely with Auto Galaxy to strength relationship between African nations and Japan.
Best regards,
Yoichiro Shimizu
Director
Japan Africa Car Exporters Association

今後とも宜しくお願い致します。
アフリカ中古車輸出業協会
事務局 清水
IMG_3799_640.jpg
              ケニアの元気な小学生達
有難う御座いました。
清水さん、真っ黒に日焼けした穏やかそうな人である。早速この協会の仕組みとルールを教えてもらった。
清水氏は自動車のプロでは無くアフリカを中心とした市場分析、情報収集等が得意で大手企業のコンサルタントをしていたようだ。
清水さん
     清水さんと(中央)
特に東アフリカとの関わりが永く現地の各業界団体のTOP及び政府関係者とのパイプを多く持っているとの事。
“日本の中古自動車を売るのに全く問題が無い”“売れないのが不思議だ”とか?
今現地で問題になっているのはケニヤのバイヤーが送金したが日本から車が来ない、又はオーダーと違う車がモンバサ港に着くと言う事件が多発している。
即ち日本側の輸出業者の責任によるものだ。確かに日本国内で“僕は中古自動車を輸出している”と言っている人達の中には在庫を持たず、携帯電話とパソコンだけでアフリカ人インポーターへオッファーを掛けている業者、即ち他社の在庫写真をあたかも自社が所有しているように写真を張り付けて売り込んでいる怪しいブローカーが多いように見える。
しかもそのノウハウを有料でレクチャーしている大手サイトも有る。多少英語が出来れば車の事は知らなくも“にわか輸出業者”の出来上がり・・と言う訳である。
取引のない日本国内の自動車業者の車を勝手に利用して写真だけでオッファーを掛けてアフリカ人からお金を受け取るわけですから?その後どうなります??
にわか輸出業者は申込金を受け取って売ろうと目論んでいた車が無くなっている訳です。この様な想像出来ない問題が在日アフリカの各大使館へ洪水の様にクレームが入り現在、大使館員はパニクッテいるようです。
そこでアフリカ中古自動車輸出業協会の清水さん、現地事務所を開くことにより商談、集金など信頼関係が構築され成約率も格段に上がる。・・との事です。全く同感です。
当然、その時その時の現地での好みの車両の変化、市場の情報やデータ収集には敏感に反応出来ます。
そのアフリカの環境を見聞きして弊社は了解して加盟する事にしました。
僕自身アフリカ人の性格を多少は理解していると思っているからです。
今から20数年前、1ドルが122円~125円の為替レートの時代に弊社もアフリカ、特にケニヤには相当の輸出をしていたからです。
当時“メイドインジャパン”の中古車はモンバサ港着US$3.000なら何でも売れた時代でした。
・・・しかし、訳があってアフリカのマーケットから撤退しました。
久し振りにロマンのある話を持って来てくれました。楽しみにしています。
ゆっくりゆっくりともう一度事業計画を立ててみます。
昔の忘れ物を取り返しに行く為に・・                              
DSC_0266_640.jpgDSC_0291_640.jpgキリンライオン象の群れ民族音楽
              アフリカの自然
                                             水江一正

ソロモンの天使達!

           かわいいソロモンの子供たち
ソロモンの子供達3
         ソロモンの天使達
ソロモンに来ると、たいていの人は、子供たちのかわいさに心動かされます。
ちょっとシャイだけれど、仲良くなると素朴で純粋な笑顔を見せてくれます。
ソロモンの子供達2
             僕もシャイです!
田舎では、ちょっと大きくなると子供は立派な労働力です。男の子は力仕事、女の子は畑から家のことまで・・8歳くらいになると、立派に子守をします。たまに、やせた女の子が肥った赤ちゃんをだっこしているのを見ると、ちょっとかわいそうになりますが、泣いた赤ちゃんを泣きやませたり、遊んであげたり、本当に上手!小さなお母さん、といった感じです。
ソロモンの子供達5
     ちっちゃナお母さんです
そして、大小様々な島からなるソロモンは、それぞれの島や村によって言葉も違うし、髪の色、縮れ具合、肌の色まで違います。
日本人のように、ストレートな髪の人もいます。私が最初に来てびっくりしたのは、黒い肌に金髪の人もいることです。
ソロモンの子供達6
            私ってヘン?
顔つきも、目のおおきいひと、日本人みたいな顔をした人など、様々です。慣れてくると、外見だけでどこの出身か言い当てることができます。
ソロモンの子供達4 ソロモンの子供達1
         さて、私達はどこの出身かな?
そういった、いろんな姿をした子供たちのかわいいこと!
この子供たちのかわいさも、ソロモンの大きな魅力の一つだと思います。
平石さん
可愛いコメント頂き有難う御座いました。
黒人の子は本当に可愛いですよね?
黒い顔に大きな目と歯が真っ白で・・我々日本人は子供の頃に絵本で読んだひょうきんでユーモアの有る遠い国の黒人の子供でしか見ていないからでしょうね?

ちびくろさんぼ
     ちびくろさんぽ
色々な国を回っていて新興国の子供たちの働きぶりよく見かけました。
我々の子供の頃、日本でも子だくさんの家庭の長女、長男は親のしつけを良く守り良く働いていたようです。
そうして育った子供たちは大人のルールを早くから身に付け我慢する事が自然に身につく為成功している人たちも少なくないようです。
金髪の黒人について資源の宝庫のこの地域を巡って第二次世界大戦で日本軍が連合軍と戦った地域の為それぞれの島を占拠した国の軍人の影響が有るのでしょうね?

ソロモン諸島
  ソロモン諸島
ソロモンの子供たちも素直に育ってほしいですね?                                               水江 一正

ミャンマーの友人WAIWAIさんがシンガポールで頑張っています。

ミャンマーに仕事に行った際、色々ミャンマーを案内してくれたり仕事を手伝ってくださったWAIWAIさんが今シンガポールで頑張っています。
そんなWAIWAIさんから久しぶりにメールが届きました。
           シンガポールにて
マーライオン  サンズスカイパーク
      マーライオン           サンズスカイパーク
シンガポールでのクロネコヤマトで1年以上勤めており、大変な毎日の仕事に精一杯頑張っております。
私は月~金と隔週の土曜日半日が仕事で休みの日は掃除、洗濯と身の回りの整理と英語の勉強と仕事の準備で中々外への遊びはできませんでした。
でもヤンゴンよりはとてもすみやすい環境ですけど何でも高いです。
WAIWAIさん_640
 クロネコの仲間達と(中央の赤い服がWAIWAIさん)
日本へ来年の4月ぐらいで遊びに行きたいと思いますけど中々休暇が取れない状態です。
せっかく日本へ行くとしたら最低として一週間ぐらいは泊まりたいですので
様子を見てから休暇の提案を入れるつもりです。
                                      WAIWAIより

ソロモン諸島は地上の楽園?

ソロモン諸島の事業パートナーの平石さんから久し振りにコメント頂きました。
           ソロモンの気候について  
ソロモンは赤道に近く、熱帯で一年中夏の国、厳しく暑~い日が果てしもなく続く、非常に過ごしにくいところ・・・
そんなイメージはないでしょうか?
ところが実際は、意外に過ごしやすいところなのです。
ソロモンの気候1
             ソロモンの夏空
特に、日本のむわ~っとした蒸し暑さに比べたら・・・。
今回、4か月間日本に帰ってきて改めて実感しました!
日本の夏は、朝から暑くてどうにもガマンできないことも多いですが、ソロモンの朝はひんやり、非常に快適です。
ソロモンの気候2
                快適です!
日中は確かに日差しが強いのですが、木陰に行くとひんやり涼しい風が吹いてきて、とても気持ちがいいのです。
夜も過ごしにくいと感じるのは年に数度・・、夜になると気温も下がり、暑いと感じても扇風機をつければ気持ちのいい眠りにつけます。
冬の厳しい寒さにこごえることもない、年中あま~いフルーツがたっぷり味わえる、まさに地上の楽園?なのです。
というのはいい面ばかりで、実際には鬼のように襲い掛かってくる蚊のせいで朝晩はあまり外にでられないし(蚊はマラリアを媒介する)、貧しい国なので不便な面もいろいろあるのですが・・。
それでもソロモンはやっぱりいいところです。
ソロモンの気候3
               ソロモンの友人達と・・
いつの日かソロモンにも是非いらしてください。
                                            平石
日本の夏、今年は30年ぶりの猛暑、37度℃が続き竜巻が起きるなど異常気象の日本に帰国して驚かれたと思います。
その上節電・・我々も事務所で仕事をしている時にはまだしもお客様の会社を訪問する時は汗かきの僕は特に気を使います。
今年は出来るだけ電話で済ませるようにしました。いずれにしろ暑い夏の仕事は効率が悪いですね?
しかし平石さん何年か振りに帰国して温泉とか日本の食事等はやはり気持ちが和らいだのではないですか?
刺身はソロモンでも有るでしょうが、ご家族の手作りのお新香等は子供の頃を思い出したのでは?
十全なす漬け  にんにく漬け
                 新潟のお漬物
新潟の鮮魚  新潟の温泉
             平石さんの故郷、新潟の鮮魚や温泉
そしてソロモン諸島、この国には未だ訪問したことが有りませんが、近隣国フィージー、トンガ等の国民の様に
大柄な体格な人が多く、争いが少ない何となくおっとりしているイメージが有りますが?
そして時々いきなり物凄いスコールが降る?
日本ではあまり見かけない甘いフルーツがそこここの木にたわわに実っている?是非一度訪問してみたいですね?
ソロモンのフルーツ  フルーツ
              ソロモンの甘~いフルーツたち・・・
しかしマラリアを媒介する“アカイエ蚊”は結構ですよね?多分、各家庭の食卓で飛び回っているハエも“カナブン”くらいの大きなハエで追っ払っても逃げないようなハエでは無いのですか?日本ではハエはほとんど見かけなくなりましたからそれもチョット・・
今アフリカでは日本の蚊取り線香とか蚊帳が良く売れているようですが?
ソロモン諸島へ日本からの商品何を持ち込んでも商売になりそうですね?但し集金出来ればの話ですが・・・
色々なビジネスを考えると結構楽しいですね?
気候変動の激しいこの時期、健康には充分ご留意ください。
次回のコメント楽しみにしています。
                                     水江

インドネシアの今!?

いつも親しくお付き合い頂いているインドネシアに詳しい大木さんからコメントを頂きました。
3回に分けて掲載させて頂きます。
大国インドネシアの素描
はじめに
日本では。観光地バリーはよく知られていますが、インドネシアと言う国は、遥か遠い国としか映っていません。
日本と、経済、マラツカ海峡の航路の安全等、インドネシアと結びつきは強く、日本のO.DAによる開発援助額も世界の中でインドネシアが最大です。
このインドネシアについて、ヨーロツパのある民族学者が、インドネシアの国程分からない国は無いと述べていました。確かに、民族、宗教。文化等の多様性は、文明国に住んでいる私達には、なかなか理解し難いものです。
この異文化に接することにより、私達は昔の古い時代を懐古して古き良き時代を思い浮かべるのでしょう。
この異文化の国が、現在の途上国から目覚しい消費大国に躍進し、更に将来経済大国へ期待されている、インドネシアの国の側面について少し述べたいと思います。
インドネシアの夕日
        インドネシアの夕日
1. インドネシアのプロフィール
世界地図で見られるように、日本から遥か5000km、南の赤道直下に、東西5000kmに亘る世界最大の島国国家です。其の島の数は大小併せて、約1万7000とも言はれています。
国土の広さは、192万平方キロ日本の5、25倍の大きさ、人口は約2億2000万人です。
この島々に、約の250の異なつた民族が住んでいますが、交通の不便さもあってて各々の民族が、ぞれぞれの古い島の文化を守って暮しています。
インドネシアは、1510年代にポルトガルに、その後1600年代より独立に至る1941年迄の約300年間を、オランダ植民地時代を経験してその後独立しました。
宗教は、西暦紀元前インドから、ヒンドウ教、仏橋が伝来し、13世紀になって、インド、ペルシヤ商人によってイスラム教が伝へられました。
ボロブドゥールの石像
         ボロブドゥールの石像
広大な国土は、豊富なガス、石油、石炭の地下資源に恵まれ、日本にも多くの化石燃料が輸出され、日本からは、自動車、二輪車、機器を輸入しています。
10年前頃より多くの日系工場が進出しています。
政府間の、50年に亘るODAの経経済協力で、農業、発電、港湾,道路等の大型プロジェクの建設(箱物)が勧められてきました。
政府間援助の他の民間においても、ジャカルタ周辺だけでも1000社を超える大型企業の工場が進出しています。
ジャカルタ ジャカルタの高層ビル
インドネシアの首都”ジャカルタ”    インドネシアの高層ビル群
インドネシアの国名の由来は、ギリシャ語の2つの単語{インドス、ソス}からなり(イド諸島}と言う意味です。
国是は、元のスカルノ大統領が提起したもので、1)神への信仰、 2)人道主義 3)民族主義 4)、民主主義5)、社会正義 の5ケ状より成っています。
2 インドネシアは、大国でしょか。
広大な国土、豊富な地下資源、多い人口、そして有り余る太陽、降雨の恩恵を受けているインドネシアの経済発展の進歩は、時計の針がゆったりと廻っているような感じです。
インドネシア農民
      インドネシア農民
街を歩いていても、若い男女が、日長ゆったたりと談笑している風景を良く見かけます。
民族の大らかな国民性でしょうか。どこから国を見ても、大国と言うイメージとはほど遠い感じです。しかし街には、高層ビルの建設ラツシユ、そしてショピング モールは、何時も人っていいます。
以前、日本のテレビで、ある政府高官が今日本は小子高齢化の時代に入って苦しんでいるが他の中新国も10年~15年後には、この道を辿ることになるだろうと、述べられた事がありましたが、其の時代は、インドネシアは経済大国になっているでしょう。
これは、人口ボーナスを(総人口に占める生産年齢人口 15歳から65最未満の比率の高さが経済成長を後押しする効果)意識して述べられた事だと思います。
インドネシアは、今でも出産率の低下は少く、今後長期間に亘り少子高齢化は避けられると考えられています。
私も老齢ですが、長生きしてインドネシアの経済大国に躍進する姿を楽しみに待っていたいと思っています。
                                         大木
大木様、インドネシアと日本との間を行き来して40年以上、奥様はインドネシア人、可愛い御嬢さん二人、二人とも日本の大学に通っていて日本大好きだそうです。
そしてその奥様が現地ジャカルタで法律事務所を開いています。
当然、日本語も理解出来るため現地の事務所では日系企業からの相談が多く高い評価を受けていらっしゃいます。
千葉鴨川 006_640 千葉鴨川 010_640
              大木さんファミリーと
   
現在、日本のTV,新聞のマスコミに毎日のようにインドネシアの記事が掲載されています。
トヨタ、日産、ホンダ等の日本の主要自動車メーカーを始めブリジストン、花王、味の素等など日本を代表する企業が積極的に投資されています。
今まではBRICsの5か国にインドネシアを含めたBRIICsの6か国を次の新興国と呼ばれているようです。
天然ガス、天然ゴム,スズ、ニッケル、石炭等の天然資源は豊富だし2億3000万人の人口!一度訪問をして見ては如何ですか?
国民はのんびりしているようですが、中小企業の日本人から見てもビジネスチャンスがそこここに見つけられるのではないでしょうか?
そこでLAW OFFICE
  LENI INDRAWATI&ASSOCIATES
       TEL:021-33018889
       FAX:021-7540890
       E-mail:leni.indrawati@gmail.com
       URL:http:/www.leniindrawati&ass.com
現地法人の設立、投資の調査、輸出入業務のアシスト、マーケティングの調査等など多岐にわたり日本語の解るスタッフがお手伝いをしてくれます。
                                   
                                         水江一正

格安マイクロバスレンタカー!秋の行楽、サッカー、野球の遠征に!!

           格安マイクロバスレンタバスイラスト6
暑かった夏も蝉の声と一緒に過ぎようとしています。そして、いよいよ秋の行楽シーズンが到来
さあ出かけましょう・・親しい仲間と美味しい空気と美味しい物を食べに皆で・・・
さあ出かけましょう・・サッカーや野球の遠征に皆で一緒に・・・
お待ちしています!!どこよりも格安なマイクロバスレンタカー!早めのご予約を!!
   
  お問い合わせはこちらから
 http://www.autogalaxy.co.jp/rentacar/index.html

ミャンマー雑記 Part9

        ミャンマー雑記 Part9
image001_20120727110300.jpg
 この風景は、ヤンゴンから700km内陸部に入ったミャンマー第二の都市マンダレーでのもの。自転車の組み立て?を道路脇でやっている。
ミャンマー、この国は自転車でさえ自前で作ることはやっていない。自転車は中国からの輸入製品が圧倒的に多い。が、この輸入品はすぐに壊れる。この国の工業力はおそろしく低い。ミャンマー人は円筒形の弁当箱を使用するが、スチールの弁当箱はタイ製品、ミャンマー製はプラスチック製のみである。ミャンマー国産の自動車はジープのようなものが1車種ある。だが、エンジンは日本の三菱製、外板のみがミャンマー製だという。
が、自動車の修理能力は驚嘆に値する。2世代3世代前の日本製の自動車が堂々と走っている。昔のマツダの360cc?のミゼットをご存知だろうか?それがまだ健在なのだ。すぐに新しいものに飛びつくクセのある日本人と違って、彼らは機材を修理して更に修理して徹底して有効に使う。
写真にあるような組み立ているのか修理しているのか分からないが、使い古した自転車といえども例外ではない。北朝鮮の船だってこのようなシロモノは積み込まないハズ。
 限られた資源をムダ使いしないという主旨からすれば、われわれはミャンマー人を見習わなければならないのか。 

横浜の熱血和尚が被災地で大奮闘!

熱血和尚が被災地で大奮闘!
P5280017.jpg
   遍照寺の和尚様
先日、横浜、遍照寺の住職、柴様にブログのお願いをしました。
オートギャラクシー
水江様
簡単なコメントを以下記載致します。
東日本大震災の発生から一年と三ヶ月が経ち、私の周囲では風化し始めているように感じます。
しかし、現地の方々は、まだまだ復興には程遠い道のりを歩んでらっしゃいます。
特に、福島第一原発の事故で実家から避難を余儀なくされている子どもたちに「未来への希望を抱いて欲しい」と思い、福島の子どもたちの為に出来る限りの支援を続けております。
以前、オートギャラクシー様にて購入致しましたマイクロバスが、現在、大熊町から会津若松市に避難している子どもたちの、仮設住宅から学校に通うためのスクールバスとして活躍しています。
オートギャラクシー様のご協力に、大変感謝しております。これからも、まだまだ手を休める事なく、無理なく息の長い支援活動をしていきたいと思っています。
簡単なコメントではなくなりました(笑
また、お願いしている件ですが、26人乗りのマイクロバスは、知り合いの知り合いが、格安で譲って下さる事になりました。
お手数をおかけしまして失礼致しました。
37~45人乗りの中型、大型バスにつきましては、まだまだ当方の予算に見合った車両を探しております。
引き続き入庫情報を頂戴できましたら幸いです。
今まで支援活動しました写真は、下記HPに掲載しております。
https://picasaweb.google.com/102575335404953239903
なお、前回購入させて戴きました車両が写っているページは、
https://picasaweb.google.com/102575335404953239903/20110528#
https://picasaweb.google.com/102575335404953239903/2011121902#
https://picasaweb.google.com/102575335404953239903/20120118#
https://picasaweb.google.com/102575335404953239903/20120223#
です。御社ブログにてご自由にお使い下さいましたら幸いです。
以上、何卒宜敷くお願い申し上げます。合掌
— 高野山真言宗
遍照寺 住職
柴 義彰
柴様
貴重なコメント頂き有難う御座いました。
昨年、平成23年5月13日柴様から電話頂きマイクロバスが必要ですがお宅の場所はどこですか?
弊社の住所をお知らせすると2時間もしないうちにお見えになった。
頭は丸坊主、しかも動きが非常に速いし言葉は丁寧だし?・・ウン?、と思いましたが 目は涼やかだしそのすじの人とは違うと思いお話を伺った。
“実は被災地へマイクロバスを持っていかなければならない。それも早ければ早い方が良い。”
“とんでもない見間違いをしました。”とお詫びをした。
住職、高笑いをして“よくあるんですよ!”
早速、弊社工場の現場と打ち合わせをして5月26日納車。
お話を伺うと明日ボランティア20人を乗せて福島へ発つのです。一刻を争うのです・・との事でした。
我々はマスコミを介して大変な事になっているとの意識は有るのですがその大変が大きすぎて只々何も出来ないでいる?
その時、現場復旧に係っている人達、ボランティアの人達の迫力を思い知らされました。
柴様及びボランティアの皆様無理をなさらないで健康には充分ご留意ください。
コースター 遍照寺
       弊社からお買い上げ頂きましたコースターと和尚様
                                                水江

オートギャラクシーとは
  • バス、マイクロバス、ミニバスのことならおまかせ下さい。海外にもユーザーさまがいるこの道40年の専門店です。
MAP
  • 本社:
    東京都東村山市栄町2-30-2
    京やビル202
  • TEL:042-396-8118
  • FAX:042-396-5828

  • 中古車展示場:
    埼玉県新座市中野2-4-47

  • E-MAIL:info@autogalaxy.co.jp
  • URL:http://www.autogalaxy.co.jp
▲TOPへ戻る